気づいて!せっかくの「恋のチャンスを踏みつぶす」働き女子のNG行動

by

恋愛・結婚

コミュニケーション, 婚活, 第一印象

見た目も性格も悪くないのに、なぜか恋に恵まれない女性。

周りからは「なんで~?」とか「もったいない!」などと声を掛けられるものの、恋に発展するようなチャンスはつかめないまま、いたずらに日々は過ぎるだけ……。

では見た目も性格も悪くないはずの彼女たちが恋に恵まれないのか!?

そこには本人たちが意識してないものの、恋のチャンスをつぶしてしまう行動が隠されているはず。

そこで今回は、多くの企業でさまざまな人間関係を目にしてきた筆者自身の経験をもとに、“恋のチャンス丸つぶれ”のNG行動についてご紹介したいと思います。

 

■1:年齢を気にして自虐的な言動をしてしまう

年下の男性に対して、ついつい年齢を気にして余計なことを言ってしまうことってありますよね。相手が年上好きを明言しているならともかく、そうでない場合、なんとなく普通に振る舞うことに居心地の悪さを感じてしまうもの。

そこで多くの女性が、その居心地の悪さを解消するのが、年齢自虐キャラを演じること。「若い方がいいよね~」なんて言いながら、後輩女性を前に出し、自分は引く、というような自意識過剰な行動に……。

あまりに自虐的な言動を繰り返しているうちに、せっかく好意を持ってくれた男性がいたとしても、自分でチャンスをつぶしていることになります。

 

■2:「仕事にやりがい感じてます」系の発言を繰り返す

仕事にやりがいを感じている女性は、確かに素敵であると思います。

しかし、仕事での成功や自分の想いを一方的に語り出すのはNG。本人はいたって普通に話しているつもりでも、相手にとってはだたの自慢話に聞こえたりもします。

また、恋愛よりも仕事優先なんだと解釈され、せっかくの相手の好意をつぶしてしまうことにもなります。

もちろん相手が、仕事の話に非常に興味を持って話を聞いてくれるタイプであれば、問題ありません。しかしそうでない場合、聞いてもいない話を一方的に熱く語られるのは、正直誰だってご勘弁ですよね。

 

■3:上から目線で職場の文句を言いまくる

「職場に使えないやつがいて……」、「上司がデキないやつで……」など、上から目線で職場の文句を言うのもNG。

たとえ言っていることが正しいとしても、男性からしたら「この子、ちょっとめんどくさい」と思われてしまいます。

「恋愛においても、きっと文句ばっかり言うんだろうな~」なんて想像されて、恋愛対象から外されてしまうことにもなりかねません。

 

以上、今回は“恋のチャンス丸つぶれ”のNG行動についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

本人が良かれと思った行動が、じつは裏目に出てしまうパターンは意外に多いものです。

働き女子の皆さんは、とくに仕事モードのオンとオフをしっかり切り替えないと、思わぬ失敗を招くことも……。気持ちの切り替えには注意して、恋に臨みたいものですね。

 

【関連記事】

※ 30代働き女子が焦らず「出会いから1年以内に結婚する」3つのコツ

※ ベッキーも罠に!? 不倫常習男が使いがち「ゲスの極みな口説き文句」4つ

※ 職場でモテ独占!男性陣をキュンっとさせる「ちょいセクシー」テク3つ

※ えっ…ソコ見てたの?男性が本当はチラ見してる意外な「女性のパーツ」

※ うっ…残酷!? 東京タラレバ娘に学ぶ「30代で失うこと」3つ

ピックアップ記事一覧