まだ開花してないだけ!あなたが今日から「社内のカリスマ女子になる」方法

by

仕事

コミュニケーション, ビジネススキル, 心理学

「カリスマ性がある」というのはこの上ない褒め言葉かもしれません。人間性が魅力的で、人を惹きつける能力というのは生まれ持った才能のように感じるからでしょう。部下に慕われ上司に信頼される、そんな理想的な存在は憧れですよね。

アメリカの大学の教授はカリスマ性について「生まれながらに持っていても、開花していないだけの人が多い」と述べています。彼によるとカリスマ性とは単に学習行動の結果であり、すでに研究ではカリスマ性を身につけることに成功しているそうです。

そこで今回は、海外のビジネスハックサイト『Inc.com』の記事を参考に、“カリスマ性を身につける簡単な方法”をご紹介します。

 

■1:感情を表す

あなたは自分の感情を他人にうまく伝えられていますか? 彼は、“喜怒哀楽”表情をより豊かにすることが重要だと述べています。いつも冷静で表情の変わらない人は、どこか冷たい印象を与えます。それに比べて大袈裟なくらい表情が豊かな人は、人間味があり近寄りやすい存在に感じます。

感情を表すのが苦手な人は、欧米のドラマなどを見て真似してみるのが筆者のオススメ。欧米人は日本人に比べて表情やジェスチャーがとても豊かで、それだけでフレンドリーな人だと思わせることができるからです。

 

■2:聞き役になる

良い上司の条件や好きな人を落とすワザとしても、聞き役になることは有効です。耳を傾けるだけで、話し手は自分が受け入れられたような感情になり、同時にあなたを受け入れようとするもの。

自分の言いたいことよりもまず聞き役に徹するスキルが、カリスマ性には必要不可欠なようです。

 

■3:他人の感情を読む

そんなことできたら苦労しない!と思うかもしれませんが、彼はカリスマトレーニングで他人の感情を読む練習をさせたところ、効果があったと述べています。

その練習方法とは、テレビドラマを音声なしで見るというもの。相手の感情を汲み取るには仕草や表情の細かな変化を注意深く観察するようになります。目は口ほど物を言うということわざのように、言葉よりも感情が現れる部分というのはあるはずです。

他人の感情を読むことができれば、相談に乗ったり嘘を見抜いたり、堅い人間関係を形成するうえで活用できそう。

 

以上、今回は“カリスマ性を身に着ける簡単な方法”をご紹介しましたが、いかがでしたか?

社内にいる、カリスマ的存在の人を思い出してください。その人は表情豊かで聞き上手、感情を読み取られて嘘はすぐバレそうだなと感じませんか?

心掛ければあなただって社内のカリスマ女子になれるはず。未だ開花していないあなたの中のカリスマ性、伸ばしてみませんか?

 

【関連記事】

※ そろそろ本気で結婚を…!お仕事女子が「運命の人に出会える場所」判明

※ 職場でモテ独占!男性陣をキュンっとさせる「ちょいセクシー」テク3つ

※ ココをチェック!一発で「男のホントの性格」を見抜く意外すぎる方法

※ 働き女子こそ注意!マジメに見えて「隠れて浮気する」ムッツリ男の特徴5つ

※ うっ…残酷!? 東京タラレバ娘に学ぶ「30代で失うこと」3つ

 

【参考】

※ 7 Ways to Increase Your Charisma, According to Psychologists – Inc.com

 

【画像】

※ わたなべ りょう / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧