映画のモデル鬼編集長に学ぶ!良い上司の「リーダーシップ戦略」とは

by

仕事

ビジネススキル, 人間関係, 達成感

働き女子にとって映画『プラダを着た悪魔』はバイブル的存在。仕事と恋の両立、上司との関係性など現代のリアルな働き女子がリアルに描かれています。じつは映画に登場した主人公の上司、鬼編集長のモデルとなったのはアメリカ版『VOGUE』の編集長アナ・ウィンターです。

アメリカの『VOGUE』で働いた経験のある筆者の知人は「映画で描かれている姿は甘過ぎる。実際はもっと鬼よ」なんて冗談混じりに教えてくれました。冷徹で厳しい人だと言われているものの、彼女の部下に就きたいと希望する人は後を断ちません。一体その魅力とは何なのでしょう?

今回は、海外のビジネスハックサイト『Business Insider』の記事を参考に、鬼編集長に学ぶ良い上司になるための“リーダーシップ戦略”をご紹介します。

 

■1:部下に任せる

「人は責任感を持つことで、より良い成果を出すもの」と語ったうえで、部下に仕事を任せることの重要性を教えています。彼女は自身を“よくできる権限委任者”と名付けているほどです。

仕事の進行具合を伺って口出しするのではなく、結果を重視しているのだそう。となると、どの仕事を誰に任せるのかという決定権のある上司は、判断力が大切です。部下との信頼関係や日頃からどんな仕事が適しているのかを知っておかなければいけません。

任される部下もプレッシャーではありますが、“甘え”がない分必死で仕事をするのでしょう。部下の実力を最大限に引き出す、良い方法かもしれません。

 

■2:過去を振り返らない

彼女が最初にキャリアをスタートさせた、イギリス版『VOGUE』の当時の編集長に学んだのが、過去を振り返らないということ。

<既に発売された号が良かったのか悪かったのか、教えてもらう必要はありません。私たちは知っていますし、ただ前に進むだけです。>

良い評価を得ても栄光にすがりつかず、悪い評判を受けてもクヨクヨしない。そんな前向きな姿勢は良い上司の第一条件ではないでしょうか。評判を気にしないというのはそれだけ自信があるということで、強い自信を持てるだけの努力を重ねているからでしょう。

 

以上、鬼編集長に学ぶ良い上司になるための“リーダーシップ戦略”をご紹介をご紹介しましたが、いかがでしたか?

一貫性があり潔い。人としても見習いたい考え方を持つ彼女がトップに君臨し続け、部下からも支持される理由が分かります。

2つの戦略を真似するのは一朝一夕では無理ですが、日頃から意識してみてください。いつの間にか部下がついてきてくれるはずです。

 

【画像】

LATE NIGHT WITH SETH MEYERS — Episode 202 – Pictured: Anna Wintour during the ‘Anna Wintour: Comedy Icon’ skit May 6, 2015 — (Photo by: Lloyd Bishop/NBC/NBCU Photo Bank via Getty Images)

 

【関連記事】

※ 30代働き女子が焦らず「出会いから1年以内に結婚する」3つのコツ

※ 職場でモテ独占!男性陣をキュンっとさせる「ちょいセクシー」テク3つ

※ ココをチェック!一発で「男のホントの性格」を見抜く意外すぎる方法

※ 働き女子こそ注意!マジメに見えて「隠れて浮気する」ムッツリ男の特徴5つ

※ うっ…残酷!? 東京タラレバ娘に学ぶ「30代で失うこと」3つ

 

【参考】

※ 6 strategies Vogue editor Anna Wintour uses – Business Insider

ピックアップ記事一覧