当てはまったら一生貧乏!稼いでも「お金が貯まらない人」の特徴3つ

by

マネー, 仕事

マネージメント, モチベーション, 貯蓄

毎日一生懸命働いているのに、なかなかお金が貯まらない。貯金が増えない。こんな人、意外と多いのではないでしょうか。

もしかしたら仕事をしているのでちょっとお小遣いが多い分、使ってしまっていたり、はたまた知らないうちになくなっているなんていうこともあるかもしれませんね。

一体、どうしたらお金が貯まるようになるのでしょうか。

そこで今回は、『BizLady』の過去記事や海外の起業家サイト『Entrepreneur』などの記事を参考に、“お金が貯まらない人の特徴3つ”を紹介します。

自分が当てはまっていないかどうか? さっそくチェックしてみてください。

 

■1:予算内で収めていない

当たり前のことですが、意外とできていない人が多いのです。仕事でも同じですが予算以上の支出が多ければ、確実にマイナスになります。

予算をオーバーしてしまっている原因のひとつに、“そもそも予算を把握していない”、という仕事であればありえない状態になっていることが個人の家計においては多くあるようです。

ですから、予算内で収めることはじつは簡単です。自分の予算を正確に把握しましょう。これさえできれば、予算内に収めることは難しいことではないのです。

あなたの今月の予算はいくらですか? 答えがパッと思い浮かばない人は気をつけてくださいね。

 

■2:目標が明確でない

お金を貯めやすくする工夫のひとつとしてお金を貯める目標を明確にする、という方法があります。

たとえば、ただ漠然と“お金を貯める”ということを目標にするのではなく、“今年中に10万円貯める”という目標の方が具体的で明確なので、その目標に取り組みやすい、ということが挙げられます。

このような具体的な目標であった場合、次に「10万円貯めるのはどうしたら良いのか?」「具体的にどの支出を削ろうか?」「1カ月にいくら貯めれば良いのか?」「ボーナスから、いくら貯金に回せば10万円貯まるのか?」というように、今度は具体的な手段を考えることができるようになります。

お金を貯めるためには、このように具体的な手段を考えて実行することが大切ですが、漠然とした目標だと、具体的な手段が考えにくいのです。

お金を貯める目標をできるだけ具体的にしてください。

 

■3:お金の出入りを把握していない

みなさんは、自分のお金の出入りを把握しているでしょうか?

給料から、いくら税金が引かれており、実質の手取り金額はいくらかになるのか把握していますか? 毎月かかる家賃はいくらか? 光熱費は月にいくらかかっているのか? 携帯代は? などなど、普段かかっているお金を知り、どんなことにお金を使っているかを把握しておきましょう。

自分の家計のお金の流れを把握しておくことが大切です。

これさえできていれば無駄遣いをすることがなくなるはずです。これだけでお金がきちんと貯まるようになるでしょう。

 

以上、“お金が貯まらない人の特徴3つ”でしたが、いかがだったでしょうか?

働いているのにお金が貯まらない、という人はこうしたことをちょっと気にしてみてください。もしかしたら、いかに自分が普段ズボラ会計をしていたのかが分かるかもしれませんよ。

 

【関連記事】

※ 今年こそ幸せになる!仕事も恋も充実させる「お金の使い方」コツ3つ

※ 驚きの結果!年収1000万以上の人ほど1.2倍もやってる事とは

※ もう失敗しない!「30歳からの未経験」転職を成功させる3つのステップ

※ 嫉妬心とサヨウナラ!「マイペース猫型女子」になるコツ3つ

※ ゲッ…すっからかん!給料日前になんとか「お金を捻出する」方法4つ

 

【参考】

21 Ways to Achieve Wealth and Success – Entrepreneur

 

【画像】

 Pictures of Money

ピックアップ記事一覧