時代に取り残されない!「社会人として失敗しない」ためすべきこと3つ

by

仕事

モチベーション, 人間関係, 仕事

社会人として成功するためには、やっぱり最低限、抑えておかなければならないことがあります。たとえばマナーや礼儀作法などでしょうか?

もちろんこうしたことは、最低限必要ではありますが、もちろんこれだけでは十分ではありません。

今の時代は社会人として、ますます複雑化する時代に対応できる多くのことが求められているのです。では、一体どんなことが必要なのでしょうか?

そこで今回は、『BizLady』の過去記事や海外の起業家サイト『Entrepreneur』などの記事を参考に、“社会人として失敗したくないならやるべきこと3つ”を紹介します。

 

■1:毎日の目標を決める

社会人として成功している人が密かにやっていることは、毎日の目標を決めていることです。毎朝、その日の目標を決めて、それを実行しているのです。

その毎日の目標の延長上に年間の目標や、長期で目指すべきゴールがあります。

そしてこれは仕事上のゴールでもプライベートのゴールであっても構いません。

目標を立て、その目標に向けて努力する。失敗したら何が悪かったのか検証して、軌道修正していく。いわばこうした日々のPDCAサイクルを実行しているのです。

毎日の目標が、すごい大それた目標である必要はありません。ちょっとした目標で良いので、毎日続けてみてください。自分がどんどん成長していくのが実感できるはずです。

 

■2:健康に気を遣う

仕事ができる人ほど自分の健康には気を遣います。良い仕事をするためには、体や健康が一番大切であることを十分認識しているからです。

若いうちは、まだまだ無理が効くかもしれませんが、歳をとってくるとそうはいきません。それどころか、若い頃に無理をしたツケが出てくることもあります。

興味深いのは仕事ができない人ほど、自暴自棄の生活をしていることです。

一度、自分の生活を振り返ってみましょう。

 

■3:前向きな見通しを持つ

仕事ができる人は、やはり何事に対しても、そしてどんな時も物事に対して前向きです。

さらに大事なのは将来に対して前向きな見通しを持つことです。

このように、常に将来に対して前向きな見通しを持っている人にとって、何か仕事上の問題が起こっても、それは大したことではなく、むしろそれを与えられた課題と捉え、前向きに対処していくことができます。

常にこうした姿勢でいると、やはり長い目で見ると、そうでない人との差は、とても大きなものになります。常に前向きで、熱心で、ハッピーでいる。一緒に仕事をするなら、こんな人の方が良いですよね。

 

以上、“社会人として失敗したくないならやるべきこと3つ”でしたが、いかがだったでしょうか?

意外とシンプルなことではないでしょうか? でもこうしたことを続けていると、他の人とはとても大きな差がつきますし、日々の自分自身の成長も実感できるのではないかと思います。

ぜひ、明日から実行してみてください。

 

【関連記事】

※ 後悔はしたくないから!働き女子の「キャリアアップ留学」成功のコツ

※ エッ…意外!仕事で「成功している人は絶対にやらない」コト3つ

 効率よく学べる!初挑戦するジャンルの「修得が成功する手順」2つ

※ 仕事デキない原因に!? 無意識にやりがち「実はNG食習慣」3つ

※ 羽鳥&赤江アナに学ぶ!男女が「良きビジネスパートナー」になるコツ

 

【参考】

※ 21 Ways to Achieve Wealth and Success – Entrepreneur

ピックアップ記事一覧