髪にゴールデンタイムが!? 「美髪の集中ケア」すべきタイミングが判明 

by

美容・健康

ヘアケア, 第一印象, 美容グッズ

街や取引先でみかけるロングヘアの女性。女性ならではのその美しい見た目に、「一体どんな人なのかな?」と興味を掻き立てられることはありませんか……?

『保険クリニック』が男性社員に対して行ったアンケートによると、「初対面の女性で、視線が行くところはどこですか?」という質問に対し、「髪」と選んだ男性は「肌(顔)」に次いで2番目に多い結果に。36.4%が「肌(顔)」を選んだのに対し、「髪」を選んだ男性は22.7%に上りました。

女性の魅力を大きく左右する髪。今日は、P&Gの研究結果をもとに、髪の魅力を大きく引き出す2つのポイントをご紹介したいと思います。

 

■1:髪のゴールデンタイムはお風呂上がり!?

“ゴールデンタイム”という言葉。美容に関心の高い皆様であればきっと何度か耳にしたことがあるかと思います。とくに普段耳にするのが肌のゴールデンタイムのこと。夜の10時から午前2時の間に睡眠をとっていると肌にいいと言いますが、髪に関してもゴールデンタイムが存在することがわかったのです。

それがまさにお風呂上がりの髪が濡れている状態の時。ドライヤーで乾かす前のその濡れた状態の時はキューティクル(肌で言う表皮のこと)が開いていて、洗い流さないトリートメントなどが浸透しやすく、髪のお手入れに一番いいタイミングなのだとか。

また、髪が濡れていることでトリートメントなどのヘアケア用品をムラなく均一に付着させることができるのだそうです。

髪の毛のゴールデンタイム、ぜひ有効に使いたいものですね。

 

■2:ゴールデンタイムにはミルクタイプのトリートメントが最適!

髪のゴールデンタイムがわかった今、知っておきたいのはどんなケアが最適かということ。P&Gの調査によると“ミルクトリートメント”がゴールデンタイムのケアに最適であることが判明しました。

その中でもとくに最適なのが親水性の成分を多く含むミルク系のトリートメント。水分と混ざりやすいだけでなく、髪の芯にまでトリートメント成分が届きやすくなり、ミルク系のトリートメントに含まれる油分が長時間髪の中に潤いをキープしてくれるのだとか。

株式会社H&BCと株式会社タイムカレントが首都圏に住む217名の女性に同一女性の艶のある状態の髪と艶のない状態の髪の写真を見せた結果、その見た目の年齢差が5.6歳も広くことが判明。髪に艶がある状態の方が若く見られるという結果になりました。

トリートメントをつけるのに必要なのはほんの少しの一手間。見た目年齢にも大きく関わることですので、ぜひその一手間を大切にしていきたいですね。

 

以上、髪のゴールデンタイムについての調査結果をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

女性にとって“髪”は女性らしさを引き立てる武器のようなもの。見た目年齢に大きく影響し、髪に艶のある女性は若々しく、そして魅力的に見えるものです。

お風呂から上がった後はミルク系のトリートメントを手に取り、濡れた髪にさっとひと塗りしてみましょう。自分の髪がツヤツヤしていたら、きっと気分だって上々、明日からの仕事もはかどるはずです。

 

【関連記事】

※ えっ…コンディショナー先が正解!?「髪こそエイジング対策」手軽ケア3つ

※ ほんの数分で知的カワイイ髪に!覚えたい「ビジネスヘアアレンジ」テク3つ

※ クロワッサンよりダイエットの敵!? 「炭水化物が多い」意外なパン

※ 厚塗り汚肌はもうイヤ〜!素肌が輝く「朝の素肌作り」の秘訣2つ

※ 多忙な時でも!同僚のやせ子が絶対やらない「NG食習慣」3つ

 

【参考】

美容の悩みベスト5は「しみ・毛穴・しわ・たるみ・くすみ」 – 保険クリニック

※ お風呂上がりの「ゴールデンタイム」に瞬間浸透 – プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社

ピックアップ記事一覧