すぐに転職すべき?あなたに「向いていない仕事」を見極める基準3つ

by

仕事

キャリア, 仕事, 転職

『BizLady』をお読みの皆さんのなかには、「今の仕事を続けるべきか、辞めるべきか悩んでいる」という方もいるのではないでしょうか。

「同僚は問題なく仕事をこなしているのに、自分だけ悩んでいるのは変じゃないか?」とお思いの方は、人には向き不向きがあるということを思い出してください。世の中にはあなたに向いている仕事が他にもあるかもしれませんよ。

そこで今回は、海外サイト『Lifehack』に掲載された記事を参考に、“向いていない仕事を見極める基準”を3つご紹介します。

 

■1:スキルが生かされているか?

もし学んだスキルが全く生かされていないのであれば、その仕事は辞めた方が良いそうです。自分のスキルを全く使えないということは、その仕事をしていても成長することができず、スキルを伸ばすことすらできないのです。

これは、畑違いの仕事に就いてしまった場合にも当てはまりますし、簡単すぎる仕事に就いてしまった場合にも当てはまりますね。もしスキルが生かせないと思い始めているのなら、スキルが生かせるちょうど良い仕事を探すべきときかもしれません。

 

■2:義務感だけで働いていないか?

もしあなたが義務感だけで働き続けていて、自分の仕事をどうしても好きになれないとしたら、その仕事は辞めるべきです。

仕事というものは、もちろんお金を稼ぐためにするものですが、その中で成長を実感したり、達成感を得たりすることもできるでしょう。お金や義務感などの外的な要素に縛られて、好きでもない仕事を続けるのは、あまり得策ではないのかもしれません。

 

■3:周りに転職するように勧められるか?

親しい人であれば、もしかするとその仕事があなたに向いていないということに、すでに気付いているかもしれません。とくに、仕事を辞めるべきか続けるべきかで迷っているときは、親しい人に相談するのが良いそうです。

親しい人と言っても、同僚に相談することはできないでしょうから、高校時代や大学時代の友人などの、昔からあなたを知っている人に相談してみると良いかもしれませんね。そのような友人は、あなたの性格を分かってくれているでしょうから、向き不向きも客観的に判断してくれることでしょう。

 

以上、“向いていない仕事を見極める基準”を3つご紹介しましたが、いかがでしたか?

自分の心だけでなく、周りの人の意見にも注意を向け、自分が本当に今の仕事に向いているかどうかを判断してください。もしまったく向いていないようであれば、転職も選択肢に含めると良いでしょう。

 

【関連記事】

※ 未経験者のココ!人事が重視する「転職希望者のポイント」3つ

※  もう辞めてやる!働き女子の「転職理由」と今の会社ですべきこと

※ もう失敗しない!「30歳からの未経験」転職を成功させる3つのステップ

※ やっぱり譲れないわっ!キャリア女性ほど重視する「転職の条件」トップ3

※ ああ転職したい…!「今の仕事にとどまる」リスクを感じる女性は●%と判明

 

【参考】

11 Signs That Your Job Is Not Suitable For You – Lifehack

ピックアップ記事一覧