脱マンネリ!晩冬の通勤に「パリで人気ワントーンコーデ」のコツ

by

暮らし, 美容・健康

アイディア, ファッション, モチベーション

去年の春夏からのトレンドであるワントーンコーデ。過去記事「爽やか!清潔感満点“オールホワイト”のオフィスコーデ成功ポイント3つ」でもご紹介したように、ホワイトで作る爽やかなスタイリングが主流でしたが、そこから派生して今季はベージュやグレーなどのワントーンコーデもパリで人気を集めています。

カラーによって与える印象が大きく異なるため、オフィスシーンに合わせてコーデを楽しむことができます。

今回はファッションライターの筆者が、上級ワントーンコーデの作り方をご紹介します。

 

■1:グレー

パリの街中で最も見られるのは、グレーのワントーンコーデです。クールで洗練された雰囲気を作るグレーは、ガウチョパンツやワイドパンツなど、タイトでないボトムスがおすすめ。トップスはシンプルでタイトな薄手のニットなどを合わせて、パンツインすれば都会的な洗練された印象です。

グレーはシルバーのアクセサリーと相性がいいので、ぜひ組み合わせてください。

 

■2:ベージュ

ベージュのワントーンコーデは上品なご婦人風。女性よりも、男性からの支持が集まるでしょう。仕事の後に合コンの予定がある日に着てみては?

トップスもボトムスもタイトめなものでOK。シンプルになり過ぎないように、ファーや大ぶりのネックレス、ハットなどのアクセサリーをプラスして遊んでみてください。グレーとは反対に、ベージュはゴールド系のアクセサリーと好相性です。

 

■3:カーキ

春夏もトレンドカラーとして名乗りを上げている、カーキ。アイテムによってエレガントにもカジュアルにもなる、変幻自在なカラーです。

オフィスシーンには、シフォン素材やシルクなど女性らしさを引き出す素材を使ったワンピースが適しています。カーディガンやアウターなどもカーキで合わせてワントーンコーデにトライしてみてください。

 

以上、今回は上級ワントーンコーデの作り方をご紹介しましたが、いかがでしたか?

たとえば同じグレー系のカラーでも、黒がかったものや白がかったものがあります。できるだけ近いカラーを選んだ方がワントーンが際立ちます。カラーを統一することでアクセサリーやバッグが目立つので、合わせ方次第で無限の組み合わせが楽しめますよ。

新しいスタイリングで通勤スタイルのワードローブの幅を広げてくださいね。

 

 

【関連記事】

※ 梨花も実践!通勤スタイルもこなれ感UP「今季アウター」の着こなし術

※ コレで毎月貯められる!一人暮らしの働き女子むけ「やりくりテク」5つ

※ メイクを落とさず寝るよりヤバい!どんなに忙しくてもケアすべき部分はココ

※ 厚塗り汚肌はもうイヤ~!素肌が輝く「朝の美肌作り」の秘訣2つ

※ 届いてガーン!「ネットで買う」のはなるべく避けたい日用品4つ

 

【画像】

※ flil / Shutterstock

ピックアップ記事一覧