ウゲッ…それ地雷!「専業主婦のママ友を敵にする」働きママのNG発言

by

仕事, 妊娠・育児

子ども, 子育て, 母親

ママ社会の荒波を、つかず離れず大きなトラブルもなく乗り切りたい……というのは、多くの働くママの願いではないでしょうか?

とはいえ、立場が違えば悩みも違う。専業主婦だって、兼業主婦だって、みんなそれぞれ悩みを抱えながら毎日を過ごしています。

だからこそ、何気なく口から出た本音が一人歩きして、相手を傷つけてしまう事態もあるんです。

今回は、小学校PTA、保育施設、少年団、子供会……など、ママ社会にドップリつかっている筆者が、働くママが専業主婦の友人をイラっとさせるNG発言をお届けしていきましょう。

 

■NG1:「休みの日って疲れるよね」

「休みの日って、子どもとずっと一緒だから疲れちゃう」とポロっとでた本音。働くママは、休みの日は子守りをしながら数日分の洗濯をやっつけたり、たまったホコリを掃除機で吸い込んだりとやることが山積みですよね。

でも、専業主婦の友人からしてみれば、「私なんてずっと子どもと一緒なのにぜいたくな悩み! 預ける場所があるだけいいじゃない」とモヤモヤする言葉でもあるよう。

 

■NG2:「時間に余裕があっていいよね~」

筆者も育休明けに保育園が見つからずに退職し、しばらく専業主婦をしておりましたが、専業主婦は時間に余裕はありません。

むしろ、時間に縛られ、やりたいことを最後までやり遂げることができないストレスがたまっていきます。「ヒマだからいいね」と言われるのが、一番プライドが傷つく言葉でもあるのです。

もちろん働くママだって時間に縛られて忙しいのは同じ。大切なのは、争うことではなく、お互いの立場を想像していたわることです。

 

■NG3:「家族に尽くしてエライよね~」

「家族のために滅私奉公していて、エラいよね。私にはムリだわ」。これは、心からのほめ言葉だったとしても、「エライよね」ってなんだか上から目線な言葉ではないでしょうか?

相手はちょっと見下されている気持ちにさえなるかもしれません。そもそもエラいかエラくないかなんて、人の主観。もうちょっと丁寧な言葉づかいで敬意を示した方がいいかもしれません。

 

以上、専業主婦の友人をイラっとさせる発言をお届けしましたが、いかがでしょうか?

隣の芝生が青く見えることもあるかもしれませんが、自分の芝生と地続きになっていることだってあるのです。

どんな立場だって、子育て中の女性は子どもを持つとある程度、地域に縛られ、家に縛られ、子どもに縛られ、自由な時間をなかなか持てないのは同じ。「お互いに、お疲れ様」の気持ちを忘れないでいたいものです。

 

【関連記事】

こんなところに地雷が!既婚女性を「敵にまわす」独身女性のNG行動3つ

YOUの名言に納得!「まぶしすぎるママ雑誌」を読んでモヤモヤしない方法

「自分で子育てしてなさそうな芸能人」2位紗栄子を超えた圧倒的1位は?

10歳までが大切!「子どもの感受性を豊かにする」働きママの秘訣

3位木下優樹菜、2位篠原涼子…「仕事と両立」憧れのママ芸能人1位は?

ピックアップ記事一覧