結婚かお別れか…!? 「今カレとの関係」アラサー女子の見極めポイント

by

恋愛・結婚

コミュニケーション, 同棲, 夫婦

付き合い始めて数年が経ち、お互いに結婚を意識してもいい年齢。

それなのに、ふたりの関係はとくに変化もなく、相手も結婚の意志を見せる素振りもない。

良く言えば安定したふたちの関係、悪く言えば、ただ平行線をたどるような先の見えない関係。

こんな悩みを抱えるアラサー女性はきっと多いはず。

そこで今回は、男の生態をひもときながら、“長すぎた春”にならぬよう、今カレとの関係の見極めポイントをご紹介したいと思います。

 

■“自立した関係”は時にきれいごと

働く女性も増え、カップルの間でも男性と対等、もしくは上の関係を築いている女性も多いのではないでしょう。男性側も女性の自立した姿を肯定的にとらえ、逆に「お互いを尊重した大人の関係」として、自由な付き合いを好むタイプも増えているようです。

しかし、結婚とは、恋愛時代と異なり、それなりに制約が生じるもの。そんな不自由を自ら引き受けてまで結婚に踏み切るには、やはりそれなりの大きな理由が必要なのも事実です。

恋愛・婚活マッチングサービスpairs(ペアーズ)が行った「男性が結婚を意識し始めたきっかけ」についての調査を見ると、「家庭を持ちたくなった」、「ひとりが寂しくなった」という回答が圧倒的に多い結果になりました。

「お互いに縛られず、尊敬し合える関係でありたい……」なんて、男のキレイごと。

本音は「まだまだ自由でありたいから、きみも自由でいてね!」ということ。

男が本気で結婚を考える時は、もっと重くて、真剣なはず。

いつもキレイごとでうまく交わすような男に、結婚の期待は持たない方が賢明です。

 

■男に何かを“守りたい”気持ちがなければ、前進しない

結婚したいと思うきっかけは人それぞれではあるけれど、根本的には「何かを守っていきたい」という願望のようなものが男性に芽生えるのではないかと思います。

アンケート調査でも3位「子供が欲しくなった」、4位「安定したくなった」というように、自分自身が守るべきものを持ち、その環境に定住していく気持ちになることが、結婚へのきっかけになるようです。

今の関係がラクだからと、だらだらと付き合いを続けているようであれば、それはただの受け身の姿勢。結婚を意識した時、男性はより主体的に、そして前向きにふたりの未来について考えることができるはずなのです。

それでも重たい腰を上げず、のらりくらりを繰り返すようであれば、いつしかお互いの気持ちがすれ違っていきます。ゴールや目的が異なる者同士の組み合わせでは、決して幸せにはなれないものなのです。

 

以上、今カレとの関係の見極めポイントをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

年齢的にも結婚を焦ってしまい、それが悪循環となって気まずい関係になったり、結局別れてしまったりと、タイミングとは意外に難しいものです。

別れか結婚か悩んだ時は、これからの自分の姿をゆっくり考えると自ずと答えが見えてくるかもしれません。

 

【関連記事】

※ 北川景子に学ぶ!「オトコが一気に結婚したくなる」たった3つの決め手

※ そろそろ本気で結婚を…!お仕事女子が「運命の人に出会える場所」判明

※ 放置のままじゃヤバイ!彼がアナタに「飽きているNGサイン」3つ

※ 本当の幸せに迷ったら…「恋愛に悩む女子のための良質映画」3選

※ 仕事もダメに!? 「結婚すると不幸になるかもしれない」ダメンズの特徴

 

【参考】

恋愛・婚活マッチングサービス「pairs」

ピックアップ記事一覧