えっ「コレステロール」でお腹を凹ませる!? ダイエット向き身近な食材とは

by

美容・健康

ダイエット, 料理, 美容グッズ

お腹に溜まったお肉を見る度に、嫌気がさします。冬の間に蓄積された脂肪は、春に向けて今から絞っていきたいところ。

海外の美容専門サイト『Style Caster』の記事によると、お腹周りのお肉を減らすには“コレステロール”を増やすことが有効だそうです。コレステロール=メタボというイメージも強いですが、コレステロールには善玉と悪玉があり、ここでは善玉のことを指しています。

善玉コレステロールには新陳代謝アップの効果や老廃物を排除する役割があります。ダイエット・健康を気にする働き女子は善玉コレステロールを増やす食事を心がけるべきなのです!

今回は、同記事を参考に“善玉コレステロール”を増やす身近な食材をご紹介します。

 

■1:オリーブオイル

悪玉コレステロールの生成を抑制し、善玉コレステロールを増やすことができる有り難い食材です。化学処理をされていないエキストラバージンのものを選びましょう。

いくら体に良いといっても油なので、一日小さじ2杯程度を目安に。なるべく火にかけずに摂取する方が効果的だそうです。ランチのサラダにはドレッシング代わりにオリーブオイルと塩コショウがオススメ。

 

■2:サーモン

善玉コレステロールを増やすのに欠かせないのがオメガ3という脂肪酸です。魚に多く含まれていますが、なかでもサーモンが最も豊富とのこと。また、亜鉛やビタミン、たんぱく質などダイエット・健康のための栄養分もたくさんつまっています。

皮にはコラーゲンも含まれているので、一緒に食べて美肌もゲットです!

 

■3:ダークチョコレート

チョコレートのカカオポリフェノールには善玉コレステロールを増やすほか、脂肪分解の働きを促したり消化を助ける作用もあります。

過去記事「働き美女子の味方!オフィス間食に最適“ダークチョコレート”の効果」でもご紹介したように、甘い香りによって集中力アップとリラックス効果も。

普通のチョコレートは糖分が多いので、カカオ70〜85%のものが推奨されています。オフィスに常備して、ダークチョコレートで間食しながらダイエットしちゃいましょう。

 

以上、“善玉コレステロール”を増やす身近な食材をご紹介しましたが、いかがでしたか?

極端な食事制限をせずとも、善玉コレステロールを増やすこれらの食事を取るように心だけ、スナック菓子など体重増加の原因となる食べ物を避けるだけでも徐々に体重は減るはず。

また、善玉コレステロールは運動をすることでも増やすことが可能。会社まで1駅分歩く、エスカレーターではなく階段を使う、などちょっとした日常の行動に変化を与えてみてください。夏には凹んだお腹で自信を取り戻しましょう!

 

【関連記事】

※ メイクを落とさず寝るよりヤバい!どんなに忙しくてもケアすべき部分はココ

仕事で煮詰まったらコレ!「脳が劇的に働きはじめる」パワーフード5つ

仕事がどんなに忙しくても「いい女」であり続けるために磨くトコロ4つ

お腹が鳴る前に!勤務中でもこっそり摂れる「おすすめ間食フード」4選

 

【参考】

※ 10 Foods to Eat for a Flat Stomach (Seriously!) – Style Caster

ピックアップ記事一覧