ストレスなく砂糖断食!オフィスに常備「ヘルシー間食フード」3つ

by

美容・健康

健康, 料理, 美容グッズ

女性にとってやめたくてもやめられないもののひとつが、甘いものではないでしょうか? 食後のデザートや仕事の間食など、ついつい甘いものに手が伸びてしまいますよね。

集中力を高めたりリラックスしたり、効果はありますがやはりカロリーが気になります。とくに、晩冬の今は春に向けてそろそろダイエットを始めるべき時期です。

海外のライフスタイルサイト『The Zoe Report』では、砂糖の代わりになる低カロリーのフードでヘルシーに間食する方法が提案されています。

今回は美容ライターの筆者が同記事を参考に、オフィスに常備すべき“砂糖の代用ヘルシーフード”3つをご紹介します。

 

■1:スパイス

砂糖の甘い刺激ではなく、スパイスの刺激が脳にも効果的。化学製品ではなく植物性のスパイスがとくに推奨されています。

とくに、甘みを感じるシナモンパウダーが甘党に支持されるでしょう。チャイティーやホットミルクなどに砂糖の代わりにシナモンパウダーを入れるとクセになる美味しさです!

 

■2:野菜

カボチャや紫芋など、野菜の甘みは砂糖の代わりとなるうえに栄養も摂れます。同記事で栄養士が提案しているのは、切った野菜にココナッツオイルと岩塩をかけてオーブンで焼く簡単レシピです。

栄養が取れて低カロリーな間食フードとして、仕事中につまめば小腹を満たしてくれそうです。

 

■3:ホットヨーグルト

発酵食品の甘みと酸味は満腹感を与えるので間食に適しています。なかでも、ヨーグルトはコンビニでも手に入る身近なアイテム。

そのヨーグルト、じつは最近美容家の間で“温めて食べる”方法が話題を呼んでいます。ホットヨーグルトにすることで乳酸菌の活動が最大限に活かされ、腸内環境を改善できるといわれているためです。

電子レンジに30秒弱程度かけるだけ。便秘改善に大いに役立ってくれるはずです! 味付きのヨーグルトは糖分が高いので、プレーンヨーグルトにココナッツオイルや蜂蜜を入れるのがオススメです。

 

以上、今回はオフィスに常備すべき“砂糖の代用ヘルシーフード”3つをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ダイエットのために間食自体を我慢していると、逆に暴飲暴食に走ってしまうこともあります。また、小腹が減ってイライラすると仕事にも集中できなくなりますよね。

間食やデザートは我慢するのではなく、ヘルシーフードに置き換えて心身ともに健康的なダイエットを心がけましょう。

 

【関連記事】

※ メイクを落とさず寝るよりヤバい!どんなに忙しくてもケアすべき部分はココ

※ 冬のおデブ化を阻止せよ!ラクして痩せる「基礎代謝UPのコツ」4つ

※ 意外に簡単!? 痩せ子が年末年始に実践している「ズボラダイエット」3つ

※ クロワッサンよりダイエットの敵!? 「炭水化物が多い」意外なパン

※ 1分で色っぽ顔!お風呂あがり「すっぴん風メイク」おすすめアイテム3選

 

【参考】

※ How to Not Eat Sugar: 6 Tips From An Expert – The Zoe Report

ピックアップ記事一覧