「小さな贅沢」をほどほどに!楽しく節約する働き美女子のテク2つ

by

マネー

モチベーション, 節約, 貯蓄

「節約しなくちゃと思いつつ、ついついコンビニやドラッグストアでお菓子やコスメを買ってしまう……」という働き女子は多いのでは?

仕事にプライベートに毎日頑張る大人の女性にとって、食べ物や美容は大切な癒しです。

しかし、一回の金額は少なくても、つもりつもってかなりの出費に。

だからといって、「無駄遣いは今後一切禁止!」なんて無理な目標を立てても、結局挫折してしまうかもしれません。

そこで、本記事では“小さな贅沢”をほどほどに楽しみながら、楽しく節約するテクニックをご紹介します。

 

■“戦利品”は記念撮影して保存

スイーツやコスメなどを購入したら、すかさずスマホで写真をとります。

その後は、自分だけが見る場所に保存してもよし、SNSやブログにアップしてもよし。

味や使い心地などの感想文を少し添えておくと、自分自身にとっても他のユーザーにとっても有益な情報になります。

小さな贅沢は、時間が経つとすっかり忘れてしまいがちですが、このように記録を残しておくことで満足感が持続します。

「私、我慢ばかりしているような気がしていたけれど、こうやって記録を読み返してみると、結構好きなものを買って楽しんでいるなあ」と思えれば、自然と無駄遣いを抑制できるでしょう。

 

■1ヶ月または1週間ごとに予算を決めてまとめ買い

“必需品”じゃないのに新商品を見かけるとつい買ってしまうアイテムがある場合は、あらかじめ予算を決めて袋分けするか、まとめ買いしてしまいます。

「他のモノにはそこまで興味ないけれど、コスメだけには弱いの……」という方は、1ヶ月に一度決められた予算の範囲内でまとめ買いをして、あとはできるだけお店のコスメコーナーに行かないようにすると無駄遣いが防止できるでしょう。

 

以上、無理なく楽しく実践できる節約テクニックをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

この方法なら、毎日の癒しを大切にしつつ貯金も頑張れそうですね。

 

【関連記事】

※ うわっ…私の家賃高すぎ?ひとり暮らし女子なら「月収・割以下」が正解

※ 若作りとは言わせない!ドン引きされない「大人可愛い」のコツ2つ

※ 当てはまったら一生貧乏!稼いでも「お金が貯まらない人」の特徴3つ

※ 私の預金どうなるの?市場をギョッとさせた日銀の「マイナス金利」丸わかり

※ 知らなきゃ損!納めた税金を「自分のために活用できる」補助金3つ

 

【画像】

※ David Photo Studio/GATAG

ピックアップ記事一覧