今が旬!農家に聞いた意外な「いちごの正しい味わい方」3つ

by

暮らし, 美容・健康

カワイイ, 料理, 簡単

冬のこの時期が旬の、真っ赤な果物といえば? そう“いちご”。冬季限定のいちごのお菓子や、スイーツも美味しいけれど、せっかくなら生のまま、あま~いいちごを食べたいですよね。買ってきたいちごを家で食べるとき、あなたはどうしていますか?

そこで今回は、いちごの生産量、全国5位の静岡県伊豆の国市のいちご農家さんに聞いた、“美味しいいちごの味わい方”をご紹介します。

 

■冷蔵庫から取り出したら、まずはどうする?

買ってきたいちごを食べる前に、いちごは洗っていますか? ハウスで大切に育てられているいちごは、ハウス以外の外気にふれていないため、比較的きれいです。そのため洗う必要はないんですって!

それでも、どうしても気になる……という人は、パックに入れたままそっと水を注ぎ、捨てる程度にとどめましょう。やわらかいいちごは、とても繊細です。ちょっと傷がついただけで、どんどん痛みが進行して、味がおちてしまいます。

盛り付けるときも傷をつけないように、そっと優しくあつかいましょう。

 

■「いただきま~す」の一口目はどこから?

いざ、いちごを口にするとき、どこから食べ始めますか?

ヘタを持って、とがった先っぽから食べる……という人は、本当のいちごの味を堪能できていませんよ。まずは、ヘタをとります。先っぽの、赤い所を手にして、ヘタのあった、白い色の方から食べましょう。

色を見て分かるように、ヘタ側より、先っぽの方が、色は赤く濃いです。そのため味も甘く、強め。甘い方から口に入れるより、甘くない方から口にした方が、より、いちごの味が楽しめますよ。

 

■練乳は、いちごをそのまま楽しんだ後で

いちごには練乳をかけたい!という人も、ぜひ何もつけない状態でいちごを楽しんでください。はじめから練乳をつけてしまうと、練乳の味が強く、いちごの風味が損なわれてしまいます。

練乳は意外と高カロリー。つけ始めると練乳の味に慣れてしまうので、ついつい量が増えて、カロリーオーバー……なんてことにもなりかねません。

 

以上、“美味しいいちごの味わい方”をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

あなたは、いちごを美味しい食べ方で、味わっていましたか? 違う楽しみ方をしていた人は、農家さんおすすめの方法に、かえてみてはいかがでしょう。今までより、美味しくいちごが楽しめるかもしれませんよ。

旬の食べ物を口にすると、風邪などひきにくい、といわれています。寒さの厳しいこの時期、ビタミン豊富ないちごを美味しく食べ、元気に美しく、仕事もバリバリと冬を乗り切りましょう!

 

【関連記事】

驚きの美容効果!食べればキレイになれる「イチゴダイエット」のススメ

時間がない朝もコレでOK!出勤前に食べておきたい特選フルーツ4つ

クロワッサンよりダイエットの敵!? 「炭水化物が多い」意外なパン

コンビニ食が増えたら!週末摂りたい医師推奨の「デトックス食材」

朝イチのヨーグルトはダメ!? 効果がムダになる「乳酸菌のNG摂り方」

 

【参考】

※ 教えて!全国ランキング 2016

 

【画像】
※ evgenyatamanenko / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧