ヤダ…まさか私が!? 働く女子が「砂糖中毒」に陥ってる危険サイン4つ

by

美容・健康

ストレス, ダイエット, 料理

会社にお勤めしていると、意外に多いのが上司や取引先が持参する“お土産”。もちろん、誰もが「わ~い、お菓子だ!」とパクつきたくなりますよね。または、同僚女子同士で手作りケーキを持参して交換……なんてこともありそう。

そんな風に毎日を過ごしているうちに、お菓子を食べていないとなんだかソワソワ……なんてことはないでしょうか? もしかしてあなた、“砂糖中毒患者”ではないですか?

「げっ…まさか私が!?」と思っているあなたに、海外のライフスタイルサイト『Mind Body Green』の記事を参考に、砂糖中毒に陥っているサインをご紹介しましょう!

 

■当てはまる? 砂糖中毒の症状はコレ

仕事をしていると「口が寂しいな……」と思うことは誰でもありますが、ふと気づくと1日何度も立ち上がり、お菓子の置いてある給湯室へ直行しては、デスクにどっさりお菓子を持ち帰っていませんか? またコンビニに行ってお菓子を買い込んでくるのが習慣になっている……という場合も同じこと!

もしこれらの行動を無意識のうちにしていたら危険信号です。では、チェックしてみましょう。

(1)甘いものを食べないと落ち着かない

(2)甘いものを見ると抑制が効かない

(3)エネルギーがなく疲れやすく感じる

(4)イライラすることが多い

あなたはいかがでしょうか。

甘いものを食べ過ぎると血糖値が乱れてイライラしたり、エネルギーレベルが下がってグッタリすることがあります。そんなとき甘いものに手を出して血糖値が一時的に上がっても、またドーンと下がってしまうのです。

 

■砂糖中毒から身を守る方法とは

「ああ、もう私は中毒患者……」なんてやけになってはダメ。そのままでは肥満やうつ、糖尿病、老け顔など、恐ろしい症状を引き起こす恐れも!

そうならないうちに、過去記事「職場のお菓子がヤバい!? 働き女子が“砂糖中毒”から身を守る方法6つ」を参考に、砂糖中毒を予防する秘訣をご紹介しましょう!

(1)朝ごはんをしっかり食べる

まずは朝しっかりお腹を満たすのが必須。卵などタンパク質を豊富に含む食品を食べることで腹持ちがよくなります。これでコンビニでの散財も防げそう!

(2)毎日運動する

朝の光を浴びて運動することで「甘いものが欲しい……」という欲求を減らすことができるそうです。またエクササイズでストレス解消になり、健康への関心が高まる効果も!

(3)十分睡眠する

睡眠不足だと甘いものがなお欲しくなるそうです! 睡眠不足は疲労の元。ストレスや疲労から甘いものが食べたくなるという場合、1日7~8時間しっかり眠ることでストレス・疲労対策を。

(4)ヘルシーなおやつを用意

口が寂しくなるのを防ぐために、あらかじめ家からフルーツや野菜を詰めた健康的なおやつを用意して持参しましょう。また水分が足りないと体が空腹のサインと勘違いするそうです。甘いものが欲しくなったらまずは水を1杯飲めば、美容にもいいですよ!

 

以上、砂糖中毒のサインと予防方法をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

まずは自覚して悪循環を断つのが先決。砂糖摂取を少なくすることで美容や健康、精神状態の改善にも大きな効果があるはずです!

 

【関連記事】

ゲッ…これも!? 知らずに摂ってる「糖分たっぷりフード」3つ

鏡見てショック!働き女子が避けるべき「老化を早める」魔の食品6つ

朝イチのヨーグルトはダメ!? 効果がムダになる「乳酸菌のNG摂り方」

どうせ食べるならコレ!お腹満足で美しくなれる「仕事中おやつ」4選

 

【参考】

Quiz: Are you Addicted To Sugar? Take This Quiz To Find Out – Mind Body Green

ピックアップ記事一覧