エッそんなことで!? お互い多忙でも「絆がドンドン深まる」夫婦の特徴

by

恋愛・結婚

気配り, 結婚生活, 育児

共働きのみなさん、夫婦の仲はうまくいっていますか? お互いが忙しいと、なかなか一緒の時間が取れない、お互いを思いやる余裕がなくなる。こんなことが重なって、なんか夫婦仲がしっくりこない、なんていう人もいるのではないでしょうか。

もちろんこうした状態のときは、夫婦のどちらが悪い、ということではないのですが、妻としてぜひ知っておいたほうが良いことがあります。夫婦の絆がドンドン深まる、ちょとした工夫があるというのです。

そこで今回は『BizLady』の過去記事や教育コンサルト嶋津良智さんの著書『子どもが変わる 怒らない子育て』を参考に、お互い多忙でも“絆がドンドン深まる夫婦の特徴”をご紹介します。

 

■お願い口調で言う

<普段、お勤めが忙しくて、ほとんど子育てに関われないパパだったら、「休日は子どもと一緒にあげてほしいな」と言うのも良いと思います。「休みのときくらいは、子どもと一緒に遊んでくれたり、向き合ってくれたりしたら、きっと子どもも喜ぶと思うな」というように、お願い口調で言うと受け取るほうもスムーズです。>

妻としては、多少面倒くさいと思うところもあるかもしれませんが、男性は立ててあげると、なんだかんだ言っても嬉しいものです。

その自尊心を上手にくすぐってあげれば良いのです。おそらく女性であれば、そんなことはお手の物ではないでしょうか?

ポイントは、“お願い”モードで話すことです。もうこれだけで、おそらく旦那さんは、あなたの思いのまま動いてくれるようになるでしょう。

 

■頼られると悪い気がしない

例えば、子どもに宿題を聞かれた場合です。

<「それはママよりパパほうが詳しいと思うよ」「〇〇だったらパパが得意だから聞いてみたら」などと言われると、旦那さんもまんざらではなく、喜んで子どもに教えるでしょう。旦那さんを手のなかで転がすという感覚をもってください。>

このように、そもそも旦那さんは、妻に頼られると悪い気はしません。それは職場でも家庭でも同じです。男性のこの性質を上手に使うことで夫婦の絆も強まりますし、家庭も非常にうまくいくようになるでしょう。

お互い、どんなに忙しくても、このポイントを妻が押さえておくと良いのではないでしょうか。

おそらく夫婦円満家庭は多かれ少なかれ、この傾向があるでしょう。チャンスがあれば、ちょっと周りを見てみてください。

 

以上、お互い多忙でも“絆がドンドン深まる夫婦の特徴”でしたが、いかがだったでしょうか。共働き夫婦は、お互いが仕事もやり、お互いが家事をやり、お互いで子育てもする、こんなことが求められていると思います。

なので、なおさら妻はこんなちょっとした、ポイントを押さえておくと、いろんな場面に応用できるはずです。

もちろん、いつの間にか夫婦仲も良好になりますよ。さっそく試してみてください!

 

【関連記事】

※ エッ…お宅は月3回以下!? 夫が「エセ愛妻家」かどうかの境界線が判明

※ お宅はやってる?「家庭円満がずーっと続く夫婦」がしていること3つ

※ 1分でバレバレ!あなたの「夫が愛妻家かを見抜く」5つのチェックリスト

※ ベッキーも罠に!? 不倫常習男が使いがち「ゲスの極みな口説き文句」4つ

※ 秘訣はこれ!? ラブラブな共働き夫婦は「アレを約4倍も使ってる」と判明

 

【参考】

嶋津良智(2013)『子どもが変わる 怒らない子育て』(フォレスト出版

【画像】

※ teksomolika / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧