怠けるあの子が職場を救う!? 「アリの集団から学ぶ」効率のよい働き方

by

職場

人間関係, 仕事, 職場

会社や組織で働いていると、仕事仲間との関わりがありますよね。お互い頼ったり頼られたりで、仕事はスムーズに回っていくでしょう。そんな中、「ちょっと怠けているんじゃない?」と思うような人はいませんか?

こっちは忙しいのに!と、イライラしてしまう、働き者の美女子のみなさん。じつはそういう存在、職場には必要なのです!

今回は、日本動物行動学会発行の国際誌Journal of Ethologyに掲載された論文「働かないワーカーは社会性昆虫のコロニーの長期存続に必須である」をもとに、その理由を読み解いていきます。

 

■怠けている人こそ働く?

イソップ童話“アリとキリギリス”に出て来るアリは、働き者のイメージがありますよね。けれども集団で行動するアリは、すべてが働き者ではなく、2~3割が働かないで怠けているとか!

そのアリも、働いているアリが休みはじめると、働きアリへと変身するのです。

 

■“できない”勇気も必要

納期が迫る仕事がある時、調子が悪く風邪気味だとしても、無理して乗り切る。仕事が落ち着いた途端に、どっと疲れと共に悪化し、ダウン……なんて経験、ありませんか?

そんな時はアリに習い、思い切って“怠けている人”にお願いしてみましょう。

「そんな人に、仕事なんて任せられない……」と思うかもしれませんが、安心してください。任せることで、意外な効果が期待できそうですよ。

 

■怠けものが必要

1.働くアリだけの集団 と、2.怠けているアリもいる集団。

働くアリがダメージを受けた時、1.はアリ全てがダメージを受けますが、2.は働くアリだけがダメージを受けます。すると、ダメージを受けなかった怠けているアリが、働くアリへと変身!

ふたつの集団を比べると2.の方が長続きするんだとか。論文によると、これはアリだけではなく、人間組織にも当てはまるようです。

 

■たまには怠ける

上記で仕事を任せた“怠けている人”は、間違いなく仕事を、きちんとこなしてくれるでしょう。

なぜって? アリと同じで、“怠ける人”が“仕事をする人”に変身するのです!

あなたが無理をして仕事をするより、怠けることで思い切って任せてしまった方が、効率が上がるでしょう。

 

以上、組織には怠ける人が必要な理由をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

仕事を抱え頑張っても、ひとりで出来る能力や量は限られています。仕事を人に任せるのは、なかなか勇気が必要かもしれません。そんなときは、このアリの話を思い出し、怠けてみてください。

風邪やインフルエンザの流行るこの時期は、無理をして悪化する前にまずは怠けて休養をとってみましょう。ただし、あまり怠けすぎは禁物。気が付いたら“キリギリス”にならないよう、注意してくださいね。

 

【関連記事】

えっ…ソコ見てたの?男性が本当はチラ見してる意外な「女性のパーツ」

思わずミケンに皺が寄る!ハケンの「キケンすぎる職場」NG特徴と対策

今日から仕事のイライラ解消!”ストレスフリーで働く”簡単なコツ3つ

脱イライラ仕事女子!お昼休みに3分”メンタルリセット”する方法

朝「会社行きたくない…」頑張らなくても出社できる3つの考え方

 

【参考】

働かないアリはコロニーの長期的存続に必須であることが判明 – 北海道大学

 

【画像】

※ Yayimages / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧