大ピンチ!八方ふさがり「負のループ」から脱出する働き女子のコツ2つ

by

暮らし

コツ, ストレス, メンタルヘルス

「どんなに頑張ってもうまくいかない……」仕事も恋愛もうまくいかず、八方ふさがりの状況は本当に辛いものです。

別に怠けているわけでなく、真面目に一生懸命に取り組んでいるのに、なぜかうまくいかないことってありますよね。

恋でも仕事でも、「絶対成功させなきゃ!」というときに限って、そんな自分をあざ笑うかのうようになぜか邪魔が入ったりするものです。

頑張れば頑張るほど空回りして悪循環にはまってしまったときは、誰もが一刻も早くその中から脱出したいと願うはず。

必ずしも全ての状況に当てはまるわけではありませんが、“負のループ”から抜け出すときにはある共通点があります。

これからご紹介する方法は、おそらく皆さんにも思い当たりがあるのではないでしょうか?

 

■力まず、リラックスする

「絶対うまくいかせよう」という時に限って、なぜか上手くいかない。反対に、「まあ、なんとかなるか~」と気軽にチャレンジしたことがトントン拍子にうまくいく。そんな皮肉な経験をしたことがある人はとても多いのではないでしょうか?

しかし、“努力すること”と“力むこと”、そして“リラックス”と“ダラダラ”の見極めはなかなか難しい場合もありますよね。

最近、“マインドフルネス”という心の健康法がブームになっています。ざっくり簡単に言うと、“過去を悔いたり未来を心配したりせず、ただ今に集中する”というもので、座禅によく似ているといわれています。

肩の力を抜きつつ努力するためには、“今に集中”するのがポイントです。目の前のことに黙々と取り組むと、上手くいくかもしれませんよ。

 

■一度諦める、または忘れる

「力んじゃだめ、リラックスしなきゃだめ!」と自分に言い聞かせても、体と心が言うことを聞いてくれない。焦れば焦るほど、自分が望む方向とは正反対の方に行ってしまう。

そんなもどかしい状況を変える最終手段が、“諦める”または“忘れる”こと。

お悩みの内容にもよりますが、一度スッパリ諦めて忘れるというのも、悪い流れを変えるひとつの方法です。

たとえば、恋愛や結婚を焦って空回りしていた女性が、諦めたとたんに素敵な彼氏ができてトントン拍子に結婚した……というエピソードは本当に多いです。

一度諦めたことで自然に肩の力が抜けて、本来の魅力がよみがえったり、縁を遠ざける悪い行動パターンから脱出できたのかもしれません。

仕事や家庭の問題など、途中で諦めて放り出すわけにはいかない場合は、“1日だけ”でもOKです。

 

以上、悪いループにはまった時に流れを変えるコツをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

「私って、なんてツイてないの……」と思ったときは、試してみてくださいね。

 

【関連記事】

※  朝イチのヨーグルトはダメ!? 効果がムダになる「乳酸菌のNG摂り方」

※  ストレスが溜まった働き女子こそ!数分でOK「癒しの習慣」3つ

※  凹んだら朝イチ思い出して!自信をつける「シンプルな工夫」3つ

※ 働き女子が忘れがち!ハーバード大が調査「幸福な人生に必要なこと」2つ

※ 朝「会社行きたくない…」頑張らなくても出社できる3つの考え方

 

【画像】

※ Anna_Travel_Guru/GATAG

ピックアップ記事一覧