なんと57%が経験アリ!? 増えつつある「ダブルワーク」の実態とは

by

仕事

パソコン, 仕事, 副業

空いた時間に副収入を得ることができるダブルワーク。本業の収入にプラスアルファが加わることで、だいぶ生活は楽になりますよね。

株式会社インテリジェンスが2015年の12月に行った調査によると、正社員の平均年収は440万円という結果に。前年に比べると2万円少ない結果となりました。

近年ずっとマイナス傾向にある年収額。少し物足りないお給料を補うかたちで、ダブルワークをされている方も多いのではないかと思います。

そこで今日は、エン・ジャパン株式会社が行った調査を参考に、ダブルワークの実態についてご紹介したいと思います。

 

■ダブルワークの経験者、過去最高に!?

4,233名を対象に行われた今回の調査。「ダブルワークをしたことはありますか?」という質問に対し、全体の17%の人が現在まさに「ダブルワーク中」であると答え、さらに40%の人がこれまでにダブルワークをした経験があると答えました。

現在ダブルワーク中の方を含め、全体の57%がダブルワークの経験があるというのは、ダブルワークの経験者が39%だった2010年に比べ、18%も増加した結果に。

「これまでダブルワークの経験はないが、興味はある」と答えた方も32%に上るなど、ダブルワークへの関心の高さが伺えました。

 

■ダブルワーク経験者が増加するその理由とは!?

ダブルワーク経験者数が右肩上がりで上昇する傾向にある近年。その理由は一体なんなのでしょうか?

同調査によると、ダブルワークをする理由として圧倒的に多かったのが「副収入が必要だから」という回答。ダブルワーク経験者のうち67%もの人が副収入を得るためにダブルワークをした(またはしている)と答えました。

一方2位になったのは「空いた時間を活用したい」の46%。さらに3位には「貯金をしたい」の29%という結果に。

空いた時間を使って少しでも収入を増やしたい、あるいは貯金をしたいという思いは、現在の不安定な社会情勢から受ける、将来への漠然とした不安によるものかもしれません。

以上、近年のダブルワークの実態についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

近年増加傾向にあるダブルワークの経験者。雇用形態が多様化し、パソコンなどの普及により在宅での勤務なども当たり前になりつつある今、ダブルワークをしやすい環境になってきたとも言えます。

深刻になりつつある高齢化問題や止まらない国の借金など、私たちの将来を脅かす問題はさまざま。ダブルワーク経験者の増加は、そんな社会に対する不安の現れでもあるのかもしれません。

 

【関連記事】

※ 経験も収入も同時アップ!「ダブルワーク」をラクラク成功させる3つの条件

※ なんと5人に1人が実行中!「本業と副業のダブルワーク」実態が調査で判明

※ 副業よりお小遣い稼げる!? 不要品を「アプリで高く売る」コツ2つ

※ 思わずミケンに皺が寄る!ハケンの「キケンすぎる職場」NG特徴と対策

※ 「マイナンバー」で副業がバレた!そのとき7割の禁止企業の対応は…

 

【参考】

※ 正社員の平均年収は440万円 前年比2万円減 – 株式会社インテリジェンス

※ 4000人以上に聞いた、ダブルワーク意識調査。ダブルワーク経験者は57%で過去最高に。 – エン・ジャパン株式会社

ピックアップ記事一覧