賢いオトナ女子なら!「彼との将来に不安を感じる」ときの考え方

by

恋愛・結婚

婚活, 恋愛, 結婚生活

女性なら誰しも、“結婚適齢期”を意識するときが訪れます。たとえキャリア志向の働き女子であっても、人生のパートナーを求めるのはひとりの女性として当たり前のこと。

ところが男性と女性の考え方はしばしば違うことがあります。いつまでも少年のようにロマンを追いかける彼氏であれば尚更、将来に対して不安を抱きますよね。真剣な話し合いを持ちかけるのも勇気がいるものです。しかしそのままでは、独り身のまま年齢を重ねていくばかり……。

悩む時こそ変化のとき! 大人の恋愛をテーマにした漫画やエッセイに定評のある桜沢エリカ著『脱・女子! ずっと憧れられる女性の“心のスタイル”』には、現代の女性へ数々のアドバイスを送っています。とくに恋愛や結婚に対しての考え方は度肝を抜くようなものばかり。

今回は同書を参考に、“彼との将来に不安を感じる時の賢い女子の考え方”をご紹介します。

 

■1:目指すのは自立した女性

<『男性に守ってもらいたい』という気持ちが男性に伝わると、男性は『すぐに結婚を迫られるんじゃないか』と不安になると思うもの。また、女性が『男性に守ってもらいたい』と思うなんて、今の時代ではもう古い。もっと自立していった方が楽しいし自由になれます。>

そもそもあなたが結婚したい理由とは何でしょうか? 突き詰めていくとそこには、相手への甘えや依存がありませんか? 本当にただ純粋に好きならば、結婚をしなくても一緒にいられるだけで満足なはず。

著者はそんな女性の考え方を一喝するかのように、“自立”することを推奨しています。経済的にはもちろん、精神的な自立が重要とのこと。男性に媚びず、自分の幸せは自分で決めるという強い意志こそ、現代の女性が幸せになれる考え方かもしれません。

誰かに自分の人生を委ねるのではなく、自分の幸せを自分で選んでいくという凛とした生き方です。

 

■2:待つのではなく“動く”

<男性からのアプローチを常に待つ女性は幸せな恋愛ができないと思います。>

漠然とした将来の不安から、世の男性は年々弱体化しているようにも見えます。必ずしも男性が弱々しいのではなく、女性を大切に想っているからこそ責任を負うのが怖くなっているという見方もできます。リスクを避けて守りに入ってしまうのは、仕方のないこと。

そんな現代であれば、恋愛のアプローチも結婚のプロポーズも、待つのではなく“女性から動く”方が賢い行動です。プロポーズは男性からするもの、なんて古い考えは捨ててもいいでしょう。本当に心からこの人と一緒になりたいと思うのなら、悩んでいないで想いを伝えてみる手段も有りなのです。

 

以上、今回は“彼との将来に不安を感じるときの賢い女子の考え方”をご紹介しましたが、いかがでしたか?

極端かもしれませんが、不安を感じる相手であれば一層お別れするという選択肢もあるはず。先何十年とともに歩んでいく中で、結婚よりも大きな決断を下さなければいけないときは訪れるのに、その度に相手に不安や頼りなさを感じることになるではないでしょうか。

結婚すべきか別れるべきか、そのままでいるべきか、後になってみないと正しい答えは分かりません。少なくとも今は、焦りや周りの目は気にせず自分の心に素直でいる方がずっと幸せで、賢い考え方ではないでしょうか。

 

【関連記事】

今年は脱毛デビュー!オトナ女子におすすめの「脱毛方法」徹底比較【PR】

デキる女性はもうしてる!女性として輝く「自分磨きのポイント」3つ【PR】

そのままじゃ肌がボロボロに…!? 「美肌キープが叶う脱毛法」で夏準備を【PR】

それでもゲスに?「職場で不倫」にハマった女子を待ち受けるリスクとは

働き女子に即効!「突然の肌トラブル」救出策はこれ♡【PR】

 

【参考】

桜沢エリカ(2012)『脱・女子! ずっと憧れられる女性の“心のスタイル”』(河出書房新社)

ピックアップ記事一覧