絆深まる!彼と「ふたりだけの秘密」を共有するメリット

by

恋愛・結婚

コミュニケーション, 恋愛, 秘密

多くのカップルが経験する倦怠期という危機。

長年の付き合いによって、お互いが当たり前の存在となり、どうしても特別感というものが薄らいでいくものです。その結果、破局に至るカップルもいれば、危機によってあらためて愛を確認するカップルもいます。

そこで、恋人同士の間でその特別感を保つためのひとつの方法として、“秘密を共有する”というものがあります。

それは心理学的に“希少性の法則”と呼ばれ、人は簡単に手に入るものよりも、数が少ないものに価値を見出すという人間心理を表したものです。

では、“ふたりだけの秘密”は男女の間にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

そこで今回は、彼氏と“ふたりだけの秘密”を共有することで生まれるメリットについてご紹介したいと思います。

 

■1:代わりがきかない関係になれる

“ふたりだけの秘密”を持つことは、ある意味、“ふたりだけの世界”を持つことでもあります。それは、他の誰かではなく、このふたりだからこそ作り出せているものであり、代えのきかない関係であるとも言えます。

“秘密”には、さまざまなものがありますが、たとえば自分の恥ずかしいことだったり、決して他の人には言えない内容であればあるほど、相手への特別感は増すもの。

それと同時に“自分のことを一番に理解してくれる相手”として、厚い信頼感を保ち続けることができるのです。

 

■2:男として責任感が自然と生じる

他人に口外できない彼女の秘密を知っているということは、男性たちに“他の人が知らない彼女を自分は知っている”という特別感を持たせることになります。

そして“秘密を守る”ということは、“彼女を守る”と近い感覚となり、そこには男としての誠意や責任感を生じさせるものに。

秘密の内容がより他人には言えないものであればあるほど、その分ふたりの絆は強いものとなり、彼氏側も“なんとかしてあげたい”という男心をくすぐるのでしょう。

 

■3:よき理解者としての関係を築ける

“恋心”とは残念ながら、ふたりの間で永遠に続くわけではありません。しかしその“恋心”はお互いに過ごした時間によって、かけがえのない“人間同士の関係」になっていくのです。

それは恋愛というワクワク期間を過ぎても、ふたりを離さない非常に大切なものです。

秘密を共有することで、男女のドキドキが終わっても人としてお互いのよき理解者としての関係を築くことができます。このことは、彼氏を下手な浮気に走らせることなく、気持ちをひきつけておくことができるひとつの理由にもなるのでしょう。

 

以上、彼氏と“ふたりだけの秘密”を共有することで生まれるメリットについてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

付き合っている彼氏との間に距離を感じたり、ただの馴れ合いのような関係に陥ってしまったときは、“ふたりだけの秘密”でその危機を乗り越えてみるのもひとつの方法でしょう。

 

【関連記事】

※ 北川景子に学ぶ!「オトコが一気に結婚したくなる」たった3つの決め手

※ ココをチェック!一発で「男のホントの性格」を見抜く意外すぎる方法

※ 隠し通すべき?「社内恋愛を公表するリスク」と守るべきルール

※ カレは年上、年下?男性が超絶元気になる「魔法の励まし方」とは

※ 30代働き女子が焦らず「出会いから1年以内に結婚する」3つのコツ

ピックアップ記事一覧