ええっダサイの!? 「職場のメンツでお花見」は時代遅れ…調査で判明

by

職場

イベント, コミュニケーション, 人間関係

今年もまもなく“桜の季節”がやってきます。

毎年、職場のメンバーと部署をあげて“お花見”を満喫しているビジネスウーマンもいるのではないでしょうか?

では、今年の桜の季節は、どんな風に過ごそうと思っていますか?

まさか、例年どおりに職場のメンバーで酒席を楽しもうなんて……、考えていませんよね?

なんと、職場のメンツとお花見でワイワイするのは、トレンドから程遠くもう古いかもしれないんですっ。

いったい、どういうことだと思いますか?

プラネットのリサーチをもとに、職場のメンバーでお花見をするのはダサい……!? という衝撃的な現実をお伝えします。

 

■お花見“しない”が最多!

まず、今年のお花見の予定を調査してみると、「屋外でお花見をする(予定)」は41.3%、「屋内でお花見をする(予定)」は5.5%だったそう。

お花見をする派の人気は屋外のようですね。でも、なんだか割合が少ないと思いませんか……?

じつは、同調査ではこれに対して、「しない(予定)」が55.1%ともっとも多く、過半数を占めるという結果に……。

時代のトレンドは、お花見を“しない”にシフトしつつある様子も推測できますよね。

でも、およそ半数は「お花見する」って言っていますから、この中には、昔ながらの職場でのお花見をする! というひともいるはず……。

では、いったいどのくらいいるのでしょうか。

 

■職場メンバーとのお花見は1割にも満たない現実

そこで、お花見をする予定のひとに、一緒に行く予定をしている相手を尋ねたところ、いちばん多かったのが「家族(子供含む)」で42.3%に。

以下、「友人・知人」が27.4%、「夫婦のみ」が26.3%と続きました。

これに対して、「職場・仕事仲間」と答えた人はわずか8.9%……! なんと、全体の1割にもならないんです!

ひと昔前までは、職場のメンバーとビニールシートの上でワイワイと酒席を囲むひとが多かったのに、もはや時代のトレンドは移り変わっているのですね……。

 

以上、お花見のトレンドについてご紹介しましたが、いかがですか?

仕事を離れて、ワイワイとお花見を楽しむのは親睦を深めるためにも悪いことではないはずなのに、もはやトレンドでもなければ社内イベントとして廃れている様子。

やはり今年は、あなたの職場でも、お花見の“お”の字も出ないでしょうか……!?

 

【関連記事】

※ 「社内恋愛の盛んな会社」1位はアノ企業!その恋で注意すべきこと

※ 北川景子に学ぶ!「オトコが一気に結婚したくなる」たった3つの決め手

※ やっぱり風土が大事!? 働きがいのある「中小企業」トップ3

※ そろそろ本気で結婚を…!お仕事女子が「運命の人に出会える場所」判明

※ えっ…ソコ見てたの?男性が本当はチラ見してる意外な「女性のパーツ」

 

【参考】

お花見に関する意識調査 – プラネット

ピックアップ記事一覧