え…知らなかった!働き女子が「食べてはいけない朝ごはん」3つ

by

暮らし, 美容・健康

健康, 料理,

みなさんは、朝食を毎日摂っていますか? もしかしたら働いている女性は、1日のエネルギーをしっかりチャージしなければと、あまり食べたくない朝食を無理に食べている人もいるかもしれません。

しかし、ダイエットの見地や、食欲の意味からも、じつは朝食で避けたい食べ物があるというのです。これはぜひ、知っておきたいところですよね。

そこで今回は、『BizLady』の過去記事や海外の情報サイト『HEALTHY PANDA』などの記事を参考に、働き女子だからこそ“朝食に食べてはいけない食品”3つをご紹介します。

 

■1:フルーツジュース

朝一杯の搾りたてのフレッシュなフルーツジュースは、体がシャキッとするし、健康にも良いイメージがありますよね。

しかし、あまりおすすめできません。というより、むしろ避けたほうが良いかもしれません。

理由は糖分です。フレッシュジュースであれフルーツジュースには、過剰な糖分が含まれていることが多いのです。それは、果汁100%であってもです。

ダイエットの見地からも、たとえば糖尿病のリスク回避にとっても、朝のジュースは糖分摂取過多になりやすいので気をつけましょう。

フルーツを摂るなら、ジュースではなくフルーツとして食べたほうが、食物繊維も一緒に摂れるのでおすすめです。

 

■2:ドーナッツ

朝の時間節約と、甘いものを口に入れることで、朝から血糖値を上げてエンジン全開で!という意図で朝食にドーナッツを選んでいる人もいるのではないでしょうか?

しかし、ドーナッツなどを食べると、朝から血糖値が上がり過ぎてしまうのです。

ドーナッツに含まれている砂糖は、肥満の原因にもなりますし、中毒性があるのが厄介です。

いくら仕事に行くからといっても、そこまで血糖値を上げる必要はありません。

 

■3:ハム

朝食でハムを食べることは多くありませんか? 手軽で調理もしやすく朝食には向いていますよね。ただし、食べ過ぎには気をつけましょう。

ハムや、ベーコン、ソーセージなどの加工肉には、ほとんど亜硝酸塩が含まれています。アメリカのガンの研究機関の報告では、これらは直腸癌の原因になるとされています。

ささっと準備ができるがゆえに、仕事に出かける前のこうした食事を摂ることもあるかと思いますが、これが原因で癌になってしまったら、シャレになりませんよね。

何が含まれているか、成分表示をしっかり見て食べるようにしてください。

 

以上、働き女子だからこそ“朝食に食べてはいけない食品”でしたがいかがだったでしょうか。何も知らずに、こうしたものを食べていることもあったのではないでしょうか。

自分たちが食べる朝食ですから、気をつけましょう。手っ取り早いから、という理由だけで選んでいると、もしかしたら、健康上の理由で仕事することができなくなってしまうかもしれませんよ……。

 

【BizLady Presents PR】

この夏ずーっと!つるりん美肌キープできる「医療脱毛」のタイミング 

エステ脱毛より時短!? 賢い大人女子が「医療脱毛」を選ぶワケ 

今年は脱毛デビュー!オトナ女子におすすめの「脱毛方法」徹底比較 

管理栄養士直伝!ぽっこりお腹もすっきりの「酵素パワー」とは 

97.3%が実感!食事制限せずにできるGENKING流ダイエット 

 

【参考】

※ 10 Foods to Avoid Eating In the Morning – HEALTHY PANDA

ピックアップ記事一覧