ゲッやってた…!無条件に「失礼なひと」認定されちゃうNG振る舞い3つ

by

職場

ビジネスマナー, 人間関係, 話し方

オフィスや取引先で、「このひと、失礼なひとだわぁ」と感じたコト、ありませんか?

外見や雰囲気はよさそうだったのに、ちょっと話してみてから「あ。合わない」って思うシーンは意外とありますよね。

ですが、あなたが他人から同じようにジャッジされていたら……! 大ショックなのではないでしょうか……。

そこで今回は、無条件に“失礼なひと”認定されちゃうヤバい振る舞いを3つ、8年間の市議時代に3万人以上の人間模様を垣間見てきた筆者がお伝えします。

自分ではそのつもりがなくても、他人からバッサリと認定されていたらショックですよね!

 

■1:説教くさい

キャリアを積んでいる女性は、どうしても視野が広いですし経験も豊富ですよね。

指導する立場にない後輩や同世代のビジネスパーソンを見て、「もうちょっとこうすれば、もっとイイのに」と思っちゃうこともあるでしょう。

ですが、心の声をそのまま口にして、相手から「説教くさいひとね~」って思われたら、大損!

“偉そうに意見してくる失礼なひと”認定されかねません。

オトナの女性であれば、心の声は、心に閉まっておきましょう。

 

■2:リスケ魔

本人はドタキャンしているつもりはなく、やむにやまれぬ事情があったとしても、“リスケ”(予定を変更すること)を繰り返しているビジネスパーソンも、無条件に“失礼なひと”認定をされやすいですよね。

「リスケをしたからイイ」ではなく、当初の約束のために相手が時間を調整し、準備をしてくれていたことに敬意を表する心がけができれば、安易にリスケをすることは減るのではないでしょうか。

 

■3:ジロ見

「会話をするときには相手の目を見るとイイ」ってよく聞きますけれど、会話をするとき以外にも、まるで相手を品定めするかのように凝視してくるひとは、失礼な印象を与えますよね。

本人には、品定めしている意識がなくとも、ジロジロと見られている相手は不快感を抱いているかも。

相手のファッションが素敵で思わず見ちゃうシーンでは黙ってジロ見するよりも、「素敵ですね!」などのひとことを添えたほうがオトナです。

 

以上、無条件に“失礼なひと”認定されちゃうヤバい振る舞いを3つごいかがでしょう?

自分には悪気がないのに、“失礼なひと”って思われていたら残念すぎます。

あなたの周囲にも、こんなひとがいませんか!?

 

【関連記事】

今年は脱毛デビュー!オトナ女子におすすめの「脱毛方法」徹底比較【PR】

働き女子に即効!「突然の肌トラブル」救出策はこれ♡【PR】

ヤバ…!30代を過ぎると「酵素不足」で太りやすくなるってホント…?【PR】

エッ…部下と仲良くしちゃダメ!? 「良い上司」になる3つの教訓

デキる女性はもうしてる!女性として輝く「自分磨きのポイント」3つ

ピックアップ記事一覧