ワーママの「キャリア」への本音!3位捨てる2位遠慮します…1位は

by

仕事, 妊娠・育児

妊娠, 妊活, 子ども

あなたの周囲にも、子育てとシゴトを両立している“ワーキングマザー”(以下・ワーママ)が何人もいるのではないでしょうか?

でも、育児疲れが一目瞭然で、「なんだか、子どもが生まれる前とはシゴトへの意欲が違いそうだなぁ」と、苦い思いで見ているひともいるかもしれませんね。

では、実際のところ、ワーママたちは自分のキャリアについてどう考えていると思いますか?

ワコールが169名に行ったリサーチによって、ワーママたちのキャリアに関するホンネが明らかになりました。

いったい、ワーママたちはどんなコトを考えているのでしょうか!? 赤裸々な実態をお伝えします。

 

■3位:キャリアアップなんて、考えられない!

「“子どもがいてもキャリアアップしていきたい”という女性に対してあなたはどう思いますか?」と質問を投げてみると、5.9%が「あまり賛同できずキャリアアップは目指していない」と回答し、3位に。

家庭の事情もあるかもしれませんけれども、およそ育児を最優先してシゴトへの意欲を失っているワーママはわずか20人に1人にすぎません。

出産によって、キャリアを捨てちゃう女性もいるのが少数派ながらいるのが現実なのですね。

 

■2位:応援はするけれど自分は遠慮したい

続いて、2位には36.1%が選んだ「賛同はできるが私はそう思わない」が、選ばれています。

同僚のワーママがキャリアアップを狙っているなら応援はするけれども、自分がそうしようとは思わないという遠慮しちゃうワーママが3人に1人という結果です。

キャリアアップを狙っていないことから、シゴトへの意欲が出産前より低下しちゃっているワーママもいるかもしれませんね。

 

■1位:じつはキャリアアップを狙ってます!

そして、1位には53.8%が選んだ「賛同できて私もキャリアアップしていきたいと思う」が選ばれています!

なんと、ワーママの2人に1人は、シゴトも育児も精一杯頑張りたいし、キャリアだって積んでいきたい!と思っているのが実態のよう。

もしも、あなたの周囲のワーママが出産前よりもシゴト意欲が低下しているように見えても、内心ではメラメラと燃えているかもしれません!

 

以上、ワーママたちのキャリアに関するホンネをご紹介しましたが、いかがですか?

同調査によれば、職場復帰をして「出産前と同等の仕事ができている」と感じている女性が63%にも達しています。

出産することは、長期的にはシゴトへの壁にならない実態が読み取れるのではないでしょうか。

今独身の女子もベビ待ちの女性も、励まされる結果でしたよね!

 

【関連記事】

※ 10歳までが大切!「子どもの感受性を豊かにする」働きママの秘訣

※ 秘訣はこれ!? ラブラブな共働き夫婦は「アレを約4倍も使ってる」と判明

※ そうだったのか!「育休中にお給料を出す会社」はわずか3%…調査で判明

※ 一生を左右する!「子どもが本を読むとき」の親のNG対応3つ

※ 「自分で子育てしてなさそうな芸能人」2位紗栄子を超えた圧倒的1位は?

 

【参考】

※ ワーキングマザーの仕事と育児の両立に関する意識調査 – ワコール

ピックアップ記事一覧