52%の女性が!? 無意識にチョイスしてる「痩せない」朝の選択肢とは

by

美容・健康

ダイエット, 健康, 入門

ダイエット中には、シゴト中でもデスク下でさりげないエクササイズをしてみたり、ランチには軽めの食事を選んだりと、ウィークディの生活にも気を遣いますよね。

理想のボディを目指すため、シゴト中だって片時もダイエットを忘れていない美意識高めオフィス女子も少なくないでしょう。

でも、「なぜか痩せないんだよねー」って、お悩みではありませんか?

プラスリードが1,200名に行った調査によって、多くの女性が無意識に“痩せない選択”をしている実態が明らかになりました。

もしかしたら、あなたも知らないうちにダイエットにはNGな選択肢をチョイスしているかもしれません!

さっそく、その衝撃的なお話をしていきましょう。

 

■52%が選んだのは……

朝食を抜くと痩せにくくなるのは、ご存じのかたも多いはず。

だからこそ、忙しい朝でも「何かしら口にしないと」と頑張っている女性もいますよね。

同調査の「朝食はご飯ですか? パンですか?」との質問に対する女性の回答を見てみると、「パン」が52%でもっとも多く、次いで「ご飯」が32%という結果に。

パンは準備の手間も少ないので、忙しい朝にはピッタリだと思っているひともいるかもしれません。

ですが、その選択が“痩せない”原因かもしれないんです!

 

■パンは“痩せにくい”選択肢

サニーヘルスの発表によると、パンは小麦粉からできているために、消化が早くすぐに満腹感を得られる一方、血糖値が急上昇しその後急降下させる傾向があるそう。

つまり、すぐにまた空腹を感じやすい食品といわれています。

お腹が空いてしまうとシゴトにも悪影響なので、ついついランチで食べ過ぎたりおやつをつまむ回数が増えたりしてしまいがちですよね。

一方、ご飯はパンに比べて水分量が多いので、少量でも重さがあって食べるとお腹にズッシリとたまる感覚があるのが特徴だそう。

また、血糖値も緩やかに上昇するので、体への負担が軽く腹持ちも良い点が、ダイエットに最適なんです。

同発表では、「ダイエットを成功させたいのなら、断然パンよりご飯を選ぶべし!」とまで、推奨されているんです。

 

以上、無意識に“痩せない選択”をしている実態をご紹介しましたが、いかがでしょう?

52%もの女性が、“痩せにくい”朝食をチョイスしていたなんて、驚きですよね。

ダイエットを意識したいかたは、ぜひ明日の朝から“ごはん”に変えてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

ヤバ…!30代を過ぎると「酵素不足」で太りやすくなるってホント…?【PR】

そのままじゃ肌がボロボロに…!? 「美肌キープが叶う脱毛法」で夏準備を【PR】

今年は脱毛デビュー!オトナ女子におすすめの「脱毛方法」徹底比較【PR】

デキる女性はもうしてる!女性として輝く「自分磨きのポイント」3つ【PR】

多忙でもコレだけは!「男性の心を惹きつける」働きモテ子の習慣

 

【参考】

日本の朝食実態調査 – プラスリード

『朝食を抜くと脳出血のリスク増!ダイエット中の朝食は何がいい?』 – microdiet.netレポート

ピックアップ記事一覧