コレは使い回せて便利!「英文ビジネスメール」のテッパン表現3つ

by

仕事

ビジネス, 仕事, 英語

ビジネスなどで使用する機会が増えてきた英語。時差がある海外とはとくにメールで頻繁にやり取りされる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

辞書などを引きながら文を作ると時間がかかるだけでなく、少しストレスにもなってしまいますよね。しかし内容が異なるメールでも、じつは同じ表現をいくつか覚えておくだけで、メールを送る時間が圧倒的に短くなるのです。

そこで今日は、実務翻訳家である筆者が、どんなメールにも使うことができる大変便利な3つの英語表現についてご紹介したいと思います。

 

本題に入るときに使える最強の「Regarding~」

話の本題に入るとき、日本語では「~についてですが」や「~に関してですが」という表現を使いますよね。これに相当する英語が「Regarding~」です。

Regarding the new project,/(新しいプロジェクトのことですが)

Regarding the meeting,/(会議についてですが)

Regarding a quote,/(見積書についてですが)

「Hello」から始まっていきなり本題に入ると単刀直入すぎる気がしますが、「~についてですが」の「Regarding~」が入るとクッションができて話をスムーズに進められるかと思います。「Regarding~」に飽きてきたら同じ意味である「As for~」もおすすめです。

 

何かをお願いするときの柔らかい表現

アメリカではストレートな表現が好まれるからといって、きつい言い方が好まれるわけではありません。日本と同様、何かをお願いするときは相手を尊重するような柔らかい表現が必要になってきます。そこでおすすめしたいのが「It would be great if you could~」と「Could you please~」。

It would be great if you could meet me on Friday next week.  (来週の金曜日にお会いできれば嬉しいのですが。)

Could you please send me the document?(資料を送っていただけませんか?)

英語でも敬語は存在します。お取引先の方やお客様へメールをする場合は、上記のように丁寧な表現を使いましょう。

 

添付資料があることを伝えたいとき

ビジネスメールでは資料を添付することことが多いですよね。そんなときは日本語で書くメールと同様、「添付資料をご確認ください」と一言添えると丁寧になります。以下のような表現を参考にしてみてください。

Attached is ~

I have attached  ~

Please find attached the ~

上の「~」の部分には「document」や「file」などが入ります。「Attached is a document for the meeting. (会議資料を添付しました)」、「I have attached a file. (資料を添付しました)」など、使い回しができる表現ですので、覚えておくと便利です。

 

以上、英文ビジネスメールで使える3つの便利な表現についてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

英語でメールをやり取りすることに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、じつは今日ご紹介したようにいくつかパターンを覚えておくだけで、メールの効率が一気に上がり、それほど難しいことではないと思えるのです。

英語はとにかく慣れることが大事。怖がらず、ぜひまずは数をこなしていってくださいね。

 

【関連記事】

※ 「ここが私の家よ」はThis is me!初デートでよく使う意外な英語表現

※ 働きママに2度おいしい!子どもと楽しむ「英語の学び方」2つ

※ ヤバ…外国人に道聞かれた!もう怖くない「英語の道案内」テク4つ

※ デキる人ほどやってた!「英語能力テスト」スコアアップのコツ3つ

※ 覚えておきたい!かどをたてずに「No」を伝える英語のあいづち3つ

ピックアップ記事一覧