気づいて!働き女子がやりがち「彼のプライドを傷つける」セリフ3つ

by

恋愛・結婚

人間関係, 心理学, 恋愛

男と女は永遠に分かり合えない、なんて言葉を聞いたことがありませんか? わかって欲しいのに全く理解してもらえず、恋人とすれ違いになった経験がある人も少なくないはず。

しかし逆も然りで、気付かないうちに彼を傷つける言葉を放ってしまっていることもあるでしょう。とくに働き女子は仕事が忙しく余裕がないとき、思ったことをすぐに口に出してしまいがち。そんな発言を意外と彼は忘れずに、傷を引きずっているかもしれません。

そこで今回は、銀座クラブのママ藤夏子さんの著書『銀座ママの本音』を参考に、男性のプライドを傷つける禁句セリフ3つをご紹介します。

 

■1:経済力をけなす

彼の収入が少ないことに関しては、絶対に言ってはいけません。彼のプライドを傷つけネガティブな方向へと進んでしまいます。収入に関して文句を言われ、仕事を頑張る男性はほとんどいないのです。

基本的に男性はけなして伸びるのはなく、褒めて伸びるのだと頭に入れておきましょう。

 

■2:「男なら……」を連発する

「男ならこれぐらできるでしょ」「男なんだから頑張って」などと、やたらと男という言葉を用いて期待するのはプレッシャーを与えすぎることがあります。女性は応援のつもりで言っていることもありますが、彼の自尊心を損ないかねません。

「あなたならきっとできる」「楽しみにしている」という風に、彼の味方であるという意思を見せられる言い方にすれば、自尊心を養う温かい言葉に早変わりします。

 

■3:他の人と比べる

男性はオンリーワンの存在でありたいという欲望があるようです。そのため他の男性と比べる発言は御法度です。

例えば「友達カップルは私たちより頻繁に旅行に行っている」などの遠回しな表現も注意が必要。母親がよく言う、「よそはよそ、うちはうち」の言葉を思い出して。たとえ褒めるためだとしても、他人と比較するのはやめましょう。

 

以上、今回は男性のプライドを傷つける禁句セリフ3つをご紹介しましたが、いかがでしたか?

親しき仲にも礼儀ありで、彼氏に対しても何でも言っていいわけではないことを覚えておきましょう。ケンカの時にとっさに禁句セリフを口走ってしまったら、素直に謝るのが吉。

良好な関係を築いていけるよう、賢く優しい彼女を目指しましょう。

 

【関連記事】

ヤダ…私!? 同僚男子に「コイツ女捨ててるな」と思われるNG特徴3つ

そろそろ本気で結婚を…!お仕事女子が「運命の人に出会える場所」判明

コレが正解!「働き女子が幸せになれる」正しい結婚相手の条件4つ

北川景子に学ぶ!「オトコが一気に結婚したくなる」たった3つの決め手

※ 銀座ママが伝授!取引先の男性をオトす「一流ホステスの魔性テク」3つ

 

【参考】

藤夏子(2006)『銀座ママの本音  』(河出書房新社)

ピックアップ記事一覧