エッ…する前にわかっちゃう!?「離婚しにくい夫婦になる」結婚の秘訣5つ

by

恋愛・結婚

コミュニケーション, 結婚生活, 離婚

アラサーにもなると、女性としては「そろそろ、結婚したいなあ」と思い始めることも多いもの。でも、最近は日本でも離婚率が高く、3組に1組が離婚に終わるといわれています。離婚は経済的にも精神的にもダメージが大きいため、誰だって避けられるならばしたくはないものですよね。

そのためには、結婚する前にじっくり相手を選ばなければなりません。もちろん、自分自身も経済的・精神的な準備が必要ですし、また結婚のタイミングも重要です!

そこで今回は、海外の女性誌『Woman’s Day』ウェブ版記事を参考に、結婚前に離婚の可能性を低くするという結婚の方法をご紹介しましょう!

 

■1:若く結婚しすぎない

2014年に米国で行われた調査によると、18歳で結婚した人の離婚率はなんと同国内では60%! しかし、23歳まで待った場合、離婚率が30%に減るというから驚きです。

やはり、年齢が上になると恋愛や仕事などの人生経験が増え、精神的にも大人になるためでしょうか。そのほか、大学を卒業している人の離婚率は、卒業していない人よりも低いそうです。

 

■2:3年以上お付き合いする

「出会って半年で電撃結婚!」というカップルもいます。運命ならそれももちろんアリかも。しかし統計的にいえば、3年以上お付き合いしてじっくりお互いのことを理解してからのほうが離婚率が低くなるそうです。

 

■3:同年代の人と結婚する

過去記事「えっ…離婚率95%も!? “年の差婚”は年が離れるほど離婚が多いと判明」でお伝えしたとおり、離婚率が一番低いのは“同い年婚”だそうです。しかし、年の差が開けば開くほど、離婚率も上昇! なんと20歳差では同い年カップルの95%も増加するそうですよ!

 

■4:結婚式にお金をかけ過ぎない

「結婚式くらい盛大にやりたい」と思う女性は多いもの。しかし米国の調査によると、2万ドル(約230万円)以上を結婚式の費用に使ったカップルは、通常の46%も離婚率が高くなるそうです!

その反面、5千ドル以下の場合は18%離婚率が減るとか。相手のことを深く愛していれば、結婚式自体が慎ましくても十分幸せですよね!

 

■5:家事を分担する

日本の夫婦のセックスレス率は大変多いそうです。「じつはうちも……」という方もいらっしゃるのでは?

しかしなんと、研究によると家事を半々に分担している夫婦の場合、セックスレスになりにくいそうです! 日本では共働きでも妻が多く家事育児を負担しがち。そんな負担が減れば当然感謝の心と愛、そして心身の余裕が生まれ、ラブラブムードになるのかも!

 

以上、結婚する前に“離婚しにくい夫婦”を目指すためのガイドラインをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

理に叶っていると思いませんか?

もちろんこのような外的条件だけがすべてではありません。でも、「早く結婚したい!」と焦る前に、自分が今どのような状態にいるか、本当に結婚への準備ができているのか、じっくり考えるいいきっかけになりそうですよね!

 

【関連記事】

アラサー女子なら!今スグ見極めたい「結婚する気のない彼氏」特徴4つ

エッ…そんなコト!? 男性の「結婚意欲をなくす」最大の原因とは 

1年以内のプロポーズが4割!「婚約までの交際期間」衝撃の実態が判明

お宅は…大丈夫!? 夫が「結婚生活に不満を抱いている」危険なサイン4つ

 

【参考】

15 Ways to Divorce-Proof Your Marriage – Woman’s Day

ピックアップ記事一覧