ドキッ…あなたは大丈夫?「汚部屋女子」がデブ化する驚きの理由が判明

by

美容・健康

ダイエット, メンタルヘルス,

毎日忙しくて、ついお部屋の掃除が疎かになる。

寝坊してゴミがだせずに玄関にゴミが積んであるなど、女子として決して人様にはお見せできないような“汚部屋”生活をお過ごしの人や、“整理整頓が面倒”というグータラ女子に、生活を改めるきっかけをくれそうなニュースをご紹介しましょう。

 

■1:部屋が散らかってる人は意志が弱い?

ダイエット情報発信サイト『microdiet.net』では、“部屋が散らかっている人は太り気味の傾向にある”というを調査レポートを公開しています。

同レポートによると、整理整頓が苦手な思考パターンとして、不要な物が目についてもすぐに行動せずに「後で片付けよう」「いつか使うかもしれないから一応取っておこう」という意識が働く傾向があると指摘しています。

これは、ダイエットにおいても共通している傾向であり、セルフコントロールの意識があまりなく、“少しだけ”や“今日だけ”など無頓着に食べてしまい、徐々に太ってしまう傾向にあります。

 

■2:散らかった部屋にいると太りやすくなる?

一方、科学的には、物が散らかった状態が視界に入ると、人間はストレスを感じ、“コルチゾール”というホルモンが増加することが分かっています。

“コルチゾール”の過剰分泌は、血糖値の上昇、免疫作用の抑制、精神疾患、食欲増進、脂肪の蓄積などに影響し、太りやすくなる可能性があるそうです。

ダイエットをしてもいつも続かない、失敗してしまうという人は、体重を減らすことよりも、まずは自分の思考パターンを変えることから初めてみてはどうでしょうか?

“セルフコントロールができない”や、“なにもかも面倒になってしまう”のは、ストレスが原因かもしれません。

 

以上、“汚部屋”生活と太りやすさの関係についてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

まずは、部屋をきれいな状態にキープできるように、不要なモノはさっさと捨てて、モノを買うときは、本当に必要かどうかよく検討しましょう。目的をもって行動することが、生活も体重もスリムになる秘訣かもしれませんね!

 

【関連記事】

※ クロワッサンよりダイエットの敵!? 「炭水化物が多い」意外なパン

※ 朝イチのヨーグルトはダメ!? 効果がムダになる「乳酸菌のNG摂り方」

※ 「サラダ飽きた…」ダイエット女子も平日夜に作れちゃう野菜料理3つ

※ ダイエットも美容も!「植物性ミルク」働き美女子が飲むべき3つ

※ えっ「コレステロール」でお腹を凹ませる!? ダイエット向き身近な食材とは

 

【参考】

※ 部屋が散らかっている人は、太りやすい傾向に – 美容経済新聞

ピックアップ記事一覧