エッ…私生活では不要!? 「仕事バッグ」だけに入れておくべきモノ4つ

by

仕事

アイディア, デート, テクニック

唐突で恐縮なのですけれど、今使っているバッグをプライベートでもそのまま愛用していますか?

『Starring.st』の調査によれば、ファッション意識が高いイメージの“アパレル店員”は、なんと100%が仕事とプライベートのバッグを分けているそう! その理由としては、54.5%が「なるべく荷物を減らしたいから」と答えています。

私生活では、なるべくコンパクトなバッグのほうがオシャレですよね。とはいえ、必要なモノは外すわけにはいきません。

では、アパレル店員のように女子力を下げない私生活のミニマムバッグにするには、いったいナニを入れておくのが正解でなのでしょうか?

今回は、私生活のバッグをミニマムにするために、仕事バッグだけに入れておくべきアイテムを4つ、同調査をもとにお伝えします。

 

■1:ティッシュ&ハンカチ

“仕事の日のバッグ”と“プライベートの日のバッグ”に入っているものをそれぞれ調査してみると、「ティッシュ、ハンカチ」は、仕事用には81.8%が入れているものの、プライベートバッグには63.6%しか入れていないという結果に。

女子会やショッピングなど、ペーパーナプキンが使えるエリアに出かけるときにはティッシュやハンカチをバッグから外すのがミニマムバッグにするコツなのかも。

ですが、私生活でもデートの日には、彼にサッとハンカチを渡せるよう、女子力をアピールしたい女子はマストアイテムにしたほうがいいでしょう。

 

■2:ハンドクリーム

続いて、「ハンドクリーム」についても、仕事バッグには81.8%が入れているものの、プライベートバッグには54.5%しか忍ばせていないよう。

アパレル店員に限らず、働く女性は仕事中に“紙類”を触るシーンも多いので、手元の保湿はマストですよね。

ですが、私生活では手元の乾燥原因が減るというかたはバッグから外すと、オシャレなミニマムバッグを成功させる秘訣になるよう。

 

■3:コスメポーチ

そしてなんと、「化粧ポーチ」もプライベートバッグには忍ばせない女子が増える実態が発覚。

仕事用バッグには81.8%が入れているものの、プライベートバッグには72.7%と約10%も下がるんです。

ポーチは意外とかさばりますから、アイライナーとリップなど、メイク直しに必要な最小限のアイテムを忍ばせるのがミニマムバッグを成功させる秘訣になりそうです。

 

■4:手帳

そして、「手帳」も仕事バッグには45.5%が入れているものの、プライベートバッグには入れないひとが多い様子。

プライベートバッグには、わずか27.3%しかインしていないんです。

手帳がないと落ち着かないかたもいるかもしれませんけれど、思い切ってプライベートシーンには持っていかないようにすることが、私生活のミニマムバッグを使いこなす秘密になりそうです。

 

以上、仕事バッグだけに入れておくべきアイテムを4つご紹介しましたが、いかがですか?

会社用とウィークエンドのバッグを使い分けることが、オンオフの切り替えをする秘訣かもしれません!

あなたも、ぜひ私生活には思い切って中身の少ないバッグでオシャレに出かけてみては?

 

【関連記事】

※ その手があったか!現役市議たちに学ぶ「働き女子のバッグ軽量術」3つ

※ アラサーだって可愛くしたい!ヒンシュクを買わない「若作り」のコツ

※ ヤダ…私!? 同僚男子に「コイツ女捨ててるな」と思われるNG特徴3つ

※ え…知らなかった!働き女子が「食べてはいけない朝ごはん」3つ

※ 1分で色っぽ顔!お風呂あがり「すっぴん風メイク」おすすめアイテム3選

 

【参考】

バッグの中身についての調査 – starring.st

ピックアップ記事一覧