一瞬でアウト!心理学者が説く「男性をムカッとさせる」女性の話し方3つ

by

恋愛・結婚

コミュニケーション, 心理学, 恋愛

好みの男性が現れた時、あなたはどのような話し方をしていますか?

ドキドキする反面、会話を続けたくていつもと違う話し方になってしまう女性は多いようです。しかし、サービス精神を混じえて、良かれと思ってしていた話し方が実は逆効果ということも……。

社内で同性に話し上手と人気の働き女子でも、男性心理はまた違う捉えられ方をするようです。

そこで今回は、『ホンマでっか!?TV』でおなじみの心理学者植木理恵さんの著書『男ゴコロ・女ゴコロの謎を解く! 恋愛心理学』を参考に、男性がムカッとする女性の話し方をご紹介します。

 

■1:「~じゃないですか」

「最近これが流行ってるじゃないですか」「私って忙しいじゃないですか」などの言い方は比較的若い女性に多い話し方ですが、男性や年配の方に嫌われる傾向にあるそうです。

まるで一般常識かのように、強制的に同意を求めるような表現で、違和感を与えてしまうのです。

とくに「私って~じゃないです」は自己主張が強く、幼稚な言い回しと受け取られ、男性に嫌われる話し方なので注意しましょう。

 

■2:卑下する

「私ってバカだから」「全然可愛くない」と自分を卑下する女性に対して男性は、何故そのようなことを発言するのか全く理解できないのだそうです。なんと返していいか分からず、戸惑わせてしまいます。

女性のこの発言の裏には、相手に否定して褒められたいという欲求が隠れていることがほとんど。本当にコンプレックスに思っていたら、自ら口にすることは滅多にないからです。

謙遜はしても必要以上に自分を卑下言い方はあなたの価値を下げてしまうので、避けるべき。

 

■3:クイズ形式

「その後どうなったと思います?」「誰が来たと思います?」など、途中でクイズ形式で問いかける話し方をすると、”どうでもいいわ”と男性はツッコミを入れたくなるそうです。

女性はかまって欲しい!という心理から、質問を投げかけたくなるようですが、完全に逆効果。

相当その話やあなたに興味がない限り、ムカッとさせてしまい、恋愛対象外になってしまうかも。

 

以上、今回は男性がムカッとする女性の話し方をご紹介しましたが、いかがでしたか?

自分の話し方ってなかなか自覚できないものですよね。癖のように、指摘されるまで気づかないことも多々あるはずです。仲の良い友人に自分の話し方について聞いてみるのが確かでしょう。

癖はなかなか直りにくいものですが、少なくとも気になる男性の前では不愉快な話し方をしないよう、心がけてみては?

 

【関連記事】

※ オレって愛されてるなあ…夫が「妻の愛情を実感する」瞬間とは

そろそろ本気で結婚を…!お仕事女子が「運命の人に出会える場所」判明

コレが正解!「働き女子が幸せになれる」正しい結婚相手の条件4つ

北川景子に学ぶ!「オトコが一気に結婚したくなる」たった3つの決め手

※ 銀座ママが伝授!取引先の男性をオトす「一流ホステスの魔性テク」3つ

 

【参考】

植木理恵(2011)『男ゴコロ・女ゴコロの謎を解く! 恋愛心理学』(青春出版社)

ピックアップ記事一覧