アッ…それ言っちゃダメ!夫婦関係が終わってしまう「喧嘩のセリフ」3つ

by

恋愛・結婚

人間関係, 共働き, 夫婦

共働きのみなさんは、普段、夫婦の時間がなかなか取れないのではないでしょうか。そうなってくるとすれ違いなどが増えてきて、喧嘩が絶えない。こんな夫婦も意外と多いのではないでしょうか。

確かに新婚時代はいざ知らず、夫婦生活も長くなってくると喧嘩もするようになってくるでしょう。これは至って普通のことなのですが、なにぶん忙しい共働き夫婦、一度の喧嘩が致命的な結果を引き起こしてしまうこともあるのです。

そこで今回は、『BizLady』の過去記事や海外の情報サイト『the Asian parent』などの記事を参考に、“夫婦喧嘩しても旦那に言ってはいけないセリフ”3つをご紹介します。

 

■1:「なんでまだ、あなたと一緒にいるのか分からない」

本来の喧嘩の理由が、たとえば非常に些細なことだとしたら、こうしたセリフは、その喧嘩をいっそう長引かせ根深い対立を引き起こします。こうしたセリフによって、喧嘩の原因とは全く関係のない問題に触れてしまうのです。

そして、お分かりのようにこの言葉を言った場合、そもそもの喧嘩を解決することは全くなく、ただ単にパートナーを非常に不快な思いにさせて、おそらくあなたに対しても根深い不信感を持つようになるでしょう。

信頼関係は崩壊して、致命的な結果を引き起こすきっかけとさえなる可能性があります。

 

■2:「あなたって、いっつもそうよね!」

お互いに仕事で忙しいふたりです。もちろん機嫌が悪い時もあるでしょうし、落ち込むこともあるでしょう。

そんなとき喧嘩するとついつい言ってしまうのが、こちら。これの何がイケないのかというと喧嘩している原因そのものではなく、その時の喧嘩とは、直接関係のないことまで含めて一般化してしまうことが問題なのです。

“いっつも”とか、“決して”ということは、言わない方が良いでしょう。

普段、忙しくてあまり顔を合わせることがない場合、ちょっとしたきっかけで普段溜まっている不満が爆発してしまうこともあるかもしれませんが、冷静に。喧嘩の原因になったことだけを議論するようにしましょう。

 

■3:「全部あなたのせいよ!」

いくら頭に血が上っていても、喧嘩はフェアにやりましょう。パートナーの話もちゃんと聞かなければなりません。そもそも、結婚生活はふたりの共同生活です。どちらか一方だけが悪い、ということはないのです。

とくに共働き夫婦の場合、結婚生活における問題は、ふたりの問題だと認識しておいてください。

 

以上、“夫婦喧嘩しても旦那に言ってはいけないセリフ”でしたが、いかがだったでしょうか?

普段、忙しいふたりであると思いますが、忙しいからこそ相手を思いやる気持ちを持っておくと、喧嘩も前向きな関係作りになるかもしれません。

女性の方が、口喧嘩は達者だと思いますので、くれぐれもお手柔らかに。

 

【関連記事】

※ エエッ…OKなの!?「不倫はアリっしょ」と考えるゲス夫の兆候3つ

※ 放置NG!夫がアナタとの「結婚を後悔している」危険なサイン4つ

※ エッ…お宅は月3回以下!? 夫が「エセ愛妻家」かどうかの境界線が判明

※ ショック…夫が浮気!それでも「別れず愛を深める」働く妻がすべき行動

※ 忙しいとついやっちゃう!働くママが「子どもにやりがち」なNG行為3つ

 

【参考】

※ 10 things you should never say to your husband in a fight – the Asian parent

ピックアップ記事一覧