どっかーん爆発しちゃう前に!「夫への不平不満」賢い妻の解消法3つ

by

恋愛・結婚

コミュニケーション, 人間関係, 共働き

夫への不満があるとき、あなたはどうやって解消していますか?

直接伝えるのも有効ですけれど、場合によっては険悪なケンカを招いてしまうこともあるのではないでしょうか。

共働き夫婦はふたりで過ごす時間が少ないですし、どうやって夫への不満を解消したらベターなのか、悩みますよね。

我慢していればやがて爆発しかねませんから、賢い妻は上手に解消しているんです!

今回は、市議時代に魑魅魍魎(ちみもうりょう)な男女模様を垣間見てきた筆者が、夫への不平&不満を賢く解消するスゴ腕の伝え方を3つご紹介します。

 

■1:責めない

不満を解消するためには、夫に変わってもらわなくてはならないときも多いですよね。

ですが、ストレートに伝えるときに気をつけたいのは、相手を責めないように言葉を選ぶことです。

人間は、責められると反発したくなる生き物。

なので、「あなたのココがダメ」「どうして改善できないの?」などと夫を責めてしまっても、改善するどころか反発し、逆効果になりやすいようです。

夫に何かを変えて欲しいときには、責める言葉を避けるよう努めてみるといいでしょう。

 

■2:ポジティブな表現

夫に、「どうして靴下を脱衣所で脱いでくれないの!」「私だって忙しいのに掃除してくれないのはどうして?」などとネガティブに不満を伝えても、夫が自発的に行動を改めてくれる可能性って低いですよね。

同じことを望むのでも「脱衣所で靴下を脱いでくれると助かるんだ」「掃除してくれるあなたって頼もしい! 嬉しい!」とポジティブな言葉を使って伝えるのでは、夫の受け止め方が変わるのだそう。

ポジティブな表現を使えば、夫は愛する妻の喜ぶ顔を見たくて、自発的に行動を改めてくれる可能性が高まります。

結果、妻の不満も賢く解消できますよね。

 

■3:感謝をあらわす

夫が少しでも行動を改めてくれているようであれば、「ありがとう」とその都度感謝をあらわすことで、より自発的に動いてくれる可能性が高まります。

「夫なんだからやって当たり前」「夫なんだから協力して当然」という態度では、せっかく改善していた夫の言動もいつしか逆戻りへ。

そうなると、妻の不満も解消できなくなってしまいますので、頻繁に感謝の意を伝えるのは夫への不平を解消する裏技にもなるんです。

 

以上、夫への不平&不満を賢く解消するスゴ腕の伝え方を3つご紹介しましたが、いかがですか?

夫への不満を解消したいときには感情に任せてストレートにぶつけるのではなく、賢く言葉を選んでみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

※ 放置NG!夫がアナタとの「結婚を後悔している」危険なサイン4つ

※ オレって愛されてるなあ…夫が「妻の愛情を実感する」瞬間とは

※ たまにはお茶目に!夫をほっこりさせる「妻のカワイイいたずら」4選

※ 秘訣はこれ!? ラブラブな共働き夫婦は「アレを約4倍も使ってる」と判明

※ ショック…夫が浮気!それでも「別れず愛を深める」働く妻がすべき行動

ピックアップ記事一覧