同僚に差をつける!「春のワントーンコーデ」働き女子のポイント

by

職場

カワイイ, ファッション, 通勤

朝晩は寒いけれど、昼間の陽射しはだいぶ春らしくなってきましたよね。季節の変わり目のこの時期、寒暖差があるので、何を着たらいいか迷ってしまう……。

そんな働き女子のみなさんにおススメしたいのは“ワントーンコーデ”。同系色でまとめるファッションが、この春も人気の兆しです。

そこで今回は、この春おススメしたい“ワントーンコーデ”と、オフィスでちょっぴり差がついちゃうポイントをお伝えします。

 

■この春のトレンドは?

この春は“フェミニン”がトレンド。春らしい、淡い色がおススメです。過去記事「今年の春は脱ジミ子!オフィス服に“パステルと柄”を取り入れるコツ」にもあるように、淡いピンクやブルーなど、パステルカラーを取り入るのが今年流。

素敵な色も合わせ方を間違えると、のっぺりと、ぼやけた印象になってしまいます。 そこで、素材の違うものを組み合わせるようにしましょう。

材質の違いがメリハリになり、コーデに立体感を出してくれます。

 

■押さえておきたい色

“ネイビー” “グレー”“ベージュ”にまとめることで、今年風に。

同じ色といっても、全く同じではなく、グラデーションを加えるのがおススメ。

濃淡を意識することで、のっぺり感が軽減されます。バランスを意識することで、すっきり春らしさもUP。

 

■色別のポイント

1:ネイビー

デニムのネイビーは、コーデに取り入れたいもの。パンツがオフィスでNGの人は、スカートを選んで。このとき、足を出すのがポイント。重たくなりがちな色も、適度に肌を出す事で、軽く春風にまとまります。

2:グレー

上品色のグレーは、暗い色を選ぶと、重たい印象に。明るめの色を選ぶことで、春らしくまとまります。セットアップを選ぶと、きちっと大人らしく、オフィスでも好印象です。ホワイトを加えることでぐっとオシャレになります。

3:ベージュ

ベージュは色によって、膨張色になりがち。そこでグラデーションを意識して、色合わせを楽しんでみましょう。ホワイトを加えるのもいいですが、さらにおススメなのが水色。一気にさわやかに、春らしさが倍増します。

 

■柄と小物をプラス

同系色の柄を加えることで、オフィスでも無理なく、コーデを楽しめます。

小物は合せるよりも、ハズすイメージで取り入れましょう。アクセントにもなるし、よりおしゃれ感がアップします。

 

以上、“この春もおススメのワントーンコーデ”のポイントでしたが、いかがでしたか?

オフィスだからと、地味になりすぎず、春らしいコーデを取り入れて、よりおしゃれ上級者を目指しましょう!

 

【画像】

※ Woman trying on shoes in shoe shop

 

【関連記事】

アラサーだって可愛くしたい!ヒンシュクを買わない「若作り」のコツ

女子会にオフィス、デート…”TPO別”2016春夏流行アイシャドウ3色

朝「会社行きたくない…」頑張らなくても出社できる3つの考え方

えっ…ソコ見てたの?男性が本当はチラ見してる意外な「女性のパーツ」

ヤダ…私!? 同僚男子に「コイツ女捨ててるな」と思われるNG特徴3つ

ピックアップ記事一覧