エッ…3位が1,500万円!? 男性が「結婚相手に求める年収」意外なトップ3

by

恋愛・結婚

夫婦, 婚活, 貯蓄

交際中のカレシとの結婚を願っているのに、カレが一向にプロポーズしてくれないと、泣けてきますよね。

ひょっとすると、カレシは今のカノジョとの結婚生活を具体的にイメージすることができないのかもしれません。

その理由のひとつに、「結婚はお金がかかるから、カノジョにももっと稼いでほしい」と密かに願っている可能性も。

クリエイティブサーベイが200人の独身男性に行った調査結果によって、男性が結婚相手に求める年収が明らかに!

さっそく、具体的な年収のトップ3をお伝えします。

 

■3位:1,500万円以上

「あなたが結婚相手に求める最低限の年収はいくらですか?」と質問をしてみると、「年収は一切気にしない」が71%でもっとも多かったものの、具体的な年収を挙げた男性も。

そして、具体的な年収として「1,500万円以上」と回答した男性が2%で、3位になっています。

自身が高年収な男性でもお金目当ての女性を選びたくない思いから、「妻にも、それなりに稼いでいてほしい」と考えているひともいそうです。

結婚後に、妻が“おんぶに抱っこ”になってしまい、自由になるお金がガクンと減るのを恐れている男性もいるかもしれません。

 

■2位:500万円以上

続いて、3%が選び2位になっていた年収は「500万円以上」でした。

『BizLady』の過去記事「1番稼ぐのはアノ職業!日本の働き女子の“職種別年収事情”が判明」では、女性の就業数が多い職種の平均年収は約300万円~470万円な実態をお伝えしています。

つまり、大多数の女性の平均よりもやや多いレベルを理想と考えている男性も少なからずいるようですね。

 

■1位:300万円以上

そして、20%が選び1位になっていたのは「300万円以上」でした。

上記でお伝えしたように、現代女子の平均年収が約300万円~470万円ですから、現実的なラインで考えている男性が5人に1人ということが読み取れます。

「家族のためにお金を稼ぐのは夫の役目だ」という古来からの日本人的な価値観を強く持っている男性もいるかもしれません。

 

以上、妻になる女性に年収を求める男性たちの具体的な金額をお伝えしました。

あなたと比較して、いかがでしたか?

いずれにしても、71%という圧倒的な男性が妻になる女性の収入は問わないというのは、頼もしい結果ですよね!

 

【関連記事】

※ 驚きの結果!年収1000万以上の人ほど1.2倍もやってる事とは

※ 3位可愛くない2位能天気!男友達からの「誤解NGワード」ワースト3

※ 1つでも当てはまったら「仕事できない女子」認定されちゃうNG行動3つ

※ 私!? 同僚男子に「コイツ女捨ててるな」と思われるNG特徴3つ

 

【参考】

※ 「結婚観」に関する意識調査 – クリエイティブサーベイ

ピックアップ記事一覧