え!お金も夫婦関係も…「春に訪れやすい人生イベント」と意外な注意点3つ

by

仕事, 暮らし

お金, 仕事, 夫婦

厳しかった寒さからようやく解放される、春。

ポカポカ陽気に桜も咲いて、心も晴れ晴れ! でも、この時期に意外と多いちょっと気を付けたいトピックがあるのです。

一歩動く前に考えてみてください!

経済キャスターを務める筆者がお伝えします。

 

■春ですから……環境の転換期!

春に多い事として真っ先に浮かぶのは、転職や転勤ではないでしょうか。

言うまでもなく新年度の始まりですから、当然多くなってくることでしょう。

年末年始と並び、4月という新年度を迎えるこの時期は「心機一転!」と心身共にリフレッシュしたくなるものです。

“節目”、“区切り”などを大事にする日本人にはなおさら、こういった意識が強くなるという面もあるのでしょう。

 

■経済的にも負担増!?

経済キャスターとしてよりお伝えしたいのは、何かと出費がかさむ時期だということかもしれません。

旦那さんの転勤、お子さんの進学……節目となりがちなこの時期は、どうしても出費が増えるもの。

遠隔地への転勤などは補助金が出ることもあると思います。

ですが、周囲への挨拶の品や選別へ御礼……などなど、大きな変化には思わぬ部分で予想外の出費が発生する、というのは往々にしてあることです。

そういった費用まで事細かく賄ってくれる企業などまずありませんから、その辺りの準備も必要です。

第三者側としても、お祝い金やお餞別としての出費が増える時期である、と言えます。

つまり、どの人にとっても春は出費が多くなりがち、ということです。

 

■え! 離婚が多い時期!?

もうひとつ、春に意外に多いのが離婚だということ、ご存知でしょうか? それはなぜか?

理由はひとつ目の“転職や転勤”と似たものがあるようです。つまり“節目だから“。

一般的に、離婚すると女性は苗字が変わることが多い。親権も母親=女性が得ることが多いですから、子どもの姓もまた変わってしまうことになる。

子どもにとって苗字が変わってしまうことは、クラスメイトからの反応などを考えてもメンタルへの負担が大きい。だったら子どもが進学して周りの友達が変わるタイミングなら……と考える人が多いようです。

 

以上、春に訪れやすいことについてお伝えしましたが、いかがでしたか?

節目や区切りとなる季節というのは、国によってさまざま。

日本ではやはり、年末年始と並んで春というのは大きな節目と捉えて間違いありません。

自分のことでも第三者側であっても、どの人にとっても何かしらの動きがある時期だということを、念頭に置いておくといいかもしれませんね。

 

【画像】

※ Couple holding torn photograph

 

【関連記事】

※ エッ…それがホンネ!? 7割の夫が「妻の就労」に望むホントのところ

※ 知らなきゃ損!納めた税金を「自分のために活用できる」補助金3つ

※ オレって愛されてるなあ…夫が「妻の愛情を実感する」瞬間とは

※ 秘訣はこれ!? ラブラブな共働き夫婦は「アレを約4倍も使ってる」と判明

※ もうショボショボ目に悩まない!3分でできる「瞳美人の対処法」3つ

ピックアップ記事一覧