「ノンシリコン」だけじゃダメ!? 髪のために選ぶボタニカルシャンプーの魅力

by

美容・健康

ヘアケア, カンタン, アンチエイジング

PR

皆さんは、シャンプー選びに迷ったことはありませんか?

膨大な種類や商品の中から、「これだ!」と100%満足できるような“運命の1本”に巡り合うことは、なかなか難しいもの。

「CMでよく見るから」となんとなく選んでいる人が多いのが現状です。

デキるオトナ女子ならば、一生付き合う髪のために今のうちから“本当に良いもの”を知っておきましょう。

そこで今回は世の中に数多くあって何を使ってよいかわからない、シャンプーを見極めるポイントとおすすめのシャンプーをご紹介します。

 

■世間にあふれる“自然派”商品…どう見極めるべき?

自然派のシャンプーを選ぶ時、どんな点に気を付ければよいでしょうか。

よく、オーガニックやボタニカルが髪に良いシャンプーとして耳にしますが、実際どんな違いがあるかあまり知られていないですよね。

“ボタニカル”は植物由来の素材で作られたもので、“オーガニック”は化学肥料などを一切していない植物を素材に作られたものを指します。

つまり、自然派なら“ボタニカル”や“オーガニック”のシャンプーを選べば良いのです!

 

■成分に一切の妥協なし!おすすめはコレ

数多く売られている自然派シャンプーの中で、今回特にオススメしたいのが、“成分に一切妥協をしていない”ボタニカルシャンプー『haru』

“100%天然由来”ながら、洗浄力や頭皮改善に対しとことんこだわって作られ、髪の毛の老化に悩み始めた30代以上の女性に「抜け毛が減って、ボリュームがアップした!」「髪ツヤが良くなった」「頭皮のニオイが気にならなくなった」など、絶大な支持を集め、オールインワンシャンプー1位を獲得した話題のシャンプーです(※1)。

→“100%天然”シャンプー『haru』について詳しく見る

 

■満足度93%! 頭皮と髪の健康がぐんぐん戻ってくる!

haru』には、育毛剤の有効成分として注目を集めている“キャピキシル”など強い髪を育てる8つの成分や、黒髪に欠かせない“ヘマチン”を始めとした4種の白髪ケア成分、他にも頭皮をスッキリさせる6種の成分が配合されています。

なお、シャンプー通が必ずチェックする石油系界面活性剤“ラウレス硫酸ナトリウム”や“ラウリル硫酸ナトリウム”はもちろん不使用。3種のアミノ酸系の洗浄成分が生み出すモコモコの泡でやさしく洗い上げます。

そして、もちろんノンシリコン! さらに、注目すべきはリンスやコンディショナーが不要で、これ1本でなめらかな髪になる“オールインワンシャンプー”だということ。ケアがとってもラクでなにより時短なんです!

ユーザーのアンケートで、満足度93%という結果も納得の逸品です(※2)。

→満足度93%の“こだわりシャンプー”についてもっと知る

 

忙しくて自分のことを構っていられない女性のために、“本当に髪に良いもの”を提供したいという開発者のまっすぐな想いが詰まった『haru』。5年後、10年後の健やかな髪と頭皮のために今から始めてみませんか?

 

【参考】

haru

※1・・・育毛ケア、頭皮ケア、白髪ケアシャンプーにおける2014年度売上実績(総合企画センター大阪調べ)

※2・・・2015年12月nijito調べ n=856

 

【画像】

※ kou/PIXTAピクスタ

Sponsored by 株式会社nijito

ピックアップ記事一覧