あなたが「会社から必要とされる社員」になるためのたった1つの方法

by

仕事

ビジネススキル, 出世, 資格

あなたが「会社から必要とされる社員」になるためのたった1つの方法今いる職場で、もっと自分のビジネススキルや、能力を伸ばしたいと考えている人も多いのではないだろうか? 世界的に見ると、日本企業の元気がなくなってきている昨今、ますます会社に頼らず自立していくことが必要とされている。しかし、日々の業務に追われる中で、はたしてどのように自分のスキルを上げればいいだろうか。

そこで今回は、世界ナンバーワンを目指して日本で電動バイクメーカー“テラモーターズ”を起業した徳重徹さんの著書『世界に挑め』を参考に、“会社から必要とされる社員”として生きていく能力をつけるたった1つの方法”を紹介しよう。

 

■現在はスピード重視の時代

<現代はスピード重視の時代である。時間をかけてのんびりやっていたのでは成長のスピードが社会に追いつかない。また、せっかく苦労して新しいスキルを獲得しても、すでに多くの人が同じスキルを手にしていたら、それは自分の身を守る武器にはならない。>

今いる会社のビジネスの現状や、業界の傾向を踏まえた上で、どういったスキルを身につけるべきか? または、どういったスキルを身につけることが出来るか? まずは、こんなことを考えてみるのはいかがだろうか。その上で、スピード感を持って、それに取り組むのである。

では、そのスキルを身につけるにはどうすればいいのだろうか?

 

たった1つのこととは“自分の能力以上のことをやる”こと

<失敗は、自分にどんな能力やスキルが足りないのかということを、正確に教えてくれる。失敗によって次にまた同じ思いをしたくないという気持ちにもなれるので、学びのモチベーションが嫌でも高まるのだ。>

このような“失敗から学ぶ”というパターンを繰り返すうちに、自然と自分の能力がどんどん高まっていく、というのである。スポーツの練習や、赤ちゃんの成長過程などを思い浮かべると分かりやすいのではないだろうか。

自分の能力以上のことに常にチャレンジし続ければ、仮に会社が倒産したり、今いる会社を出ることになったとしても、生きていけるスキルを身につけることができるのであろう。

 

■その1つだけで未来も広がる

<徹底的に「量」を積み重ねた結果、あるときそれが「質」に転化したのだ。>

仕事というのは、上司に言われたことをすること、あるいは自分の能力の範囲内でやること、と思いがちである。しかし積極的に自分の能力の限界を超えることをやり続けると、会社への貢献度も高くなるし、自分自身も成長できるというのである。

このようにして自分のスキルを伸ばしていけば、未来の可能性も多いに広がるのである。

 

以上、“会社から必要とされるビジネスパーソン”として生きていける能力をつけるたった1つの方法をご紹介したが、いかがだったであろうか?

失敗することもあるかもしれないが、その失敗こそ、未来の自分の糧になるのである。悩むこともあるだろうが、ぜひ仕事を通じて自分の能力をあげて、未来への可能性を広げていってほしい。

そうすればいつの日か、会社にしがみつく社員ではなく、会社から必要とされる社員になれるのではないだろうか。

 

【関連記事】

モテ女子はみんな使ってる?オトコを魅了する「しっとりモチ肌」になる4ステップ

サプリメントには頼らない! 多忙な「働き女子の美容法」はコレに決定

杉本彩もドハマり!「テク不要」で毛穴レスな美肌が作れる●●美容が今アツい

多忙でも放置NG!働き女子が「いつでも自慢の素肌」を取り戻すための習慣とは

もう飲んでる?働き女子の癒やしトレンド最前線は「ノンカフェインティー」

 

【参考】

徳重徹(2013)『世界へ挑め!』(フォレスト出版)

 

【画像】

※ chris zerbes

ピックアップ記事一覧