仕事の合間に飲むコーヒーを「より健康につなげる」ための飲み方とは

by

暮らし

グルメ, メンタルヘルス, 病気

仕事の合間に飲むコーヒーを「より健康につなげる」ための飲み方とは仕事中にコーヒーを飲む人は多いだろう。でも、もしコーヒーがある恐ろしい病気を抑制できるとしたら、もっと誰しもが飲むようになるのではないか?

今回は、そんなコーヒー党の女性にとっては朗報となる、より健康につなげるためのコーヒーの飲み方について、『血管を強くする歩き方』のブックイベントで、東京大学医学部付属病院循環器専門医・医学博士の稲島司先生がご紹介してくださったお話を参考にご紹介したい。

どうやらコーヒーを飲む習慣は続けたほうが良いようであるが、飲み方については、“ある条件”が重要なようだ。

 

■コーヒーを飲むかどうかで発症率に驚きの差

まずは同研究の結果を簡単にまとめよう。コーヒーをほとんど飲まない人と比べ、ほぼ毎日飲む人は、肝がんの発生率が“約半分”に減少したという。さらに、1日の摂取量が増えるほど発生率が低下し、1日5杯以上飲む人では、肝がんの発生率は“4分の1”にまで低下したというのだ。この発生率の低下は、男女に関係なく見られた。

これは信頼のおける “コホート研究”により得られた結果だ。コホート研究とは、実験的要因を足さずに、観察研究だけで結果を得る手法のこと。ランダムに選ばれた被験者を対象に行った観察研究の結果となっている。時間がかかり研究対象も広いため、医療界でも信頼されるデータのひとつだ。

 

■コーヒーが肝がんの減少につながる理由は実は不明

カフェインががん抑制に有効なのかと思いきや、同じようにカフェインを含む緑茶では、肝がんの減少が見られなかったという。コーヒーにだけ含まれるある種の成分が、がんを抑制しているようなのだが、その物質は特定されていない。

また肝がんには有効なようだが、他臓器へのがん抑制の効果は見られていないようだ。ブラックコーヒーを飲んでいれば、すべてのがんの発生を抑制するというわけではないことに注意したい。

 

■コーヒーはブラックで飲もう

コーヒーが肝がんを抑制してくれるとして、ではさらに効果的な飲み方はあるのだろうか?

肝がんの発症を抑えるかどうかという観点に関わらず、コーヒーはブラックのまま飲んだほうが良いようである。というのも、コーヒー用のミルクは植物性の油脂をたくさん含んでいるものが多く、砂糖入りのコーヒーを何杯も飲めば糖分過多になることは目に見えているからだ。

冒頭にあった“ある条件”とは、ブラックで飲むということである。

 

以上、仕事中に軽く息抜きをするのなら、ブラックコーヒーが望ましいことをお伝えしたが、いかがだろうか? ただしコーヒーに加糖しないからといって、同時に甘いお菓子をたっぷり食べていたら、肥満になる危険が増すことは注意しておこう。

 

【関連記事】

※ これ知っておけば心配なし!「誰とでも会話がハズむ」3つのルール

※ 注意点はたったの3点!企画書やメールを「劇的に改善する」文章のコツ

※ 仕事がどんなに忙しくても「いい女」であり続けるために磨くトコロ4つ

※ 知らずに使ってない?残念だと思われる「重言」を使わずにすませる方法

※ 夏バテ防止はランチで!簡単おいしい「夏の癒やし弁当」メニュー3つ

 

【参考】

コーヒー摂取と肝がんの発生率との関係について – 国立がん研究センター

 

【取材協力】
※ 稲島司・・・東京大学医学部付属病院助教。地域医療連携部・循環器内科。医師、医学博士。心臓カテーテルをはじめとする循環器内科専門診療のほか、外来診療などでの生活習慣病の予防や改善に携わる。近著に稲島司・木津直昭(2014)『血管を強くする歩き方』(東洋経済)ある。

ピックアップ記事一覧