やっぱり最初が肝心!「彼ママへの第一印象を悪くする」NG行動4つ

by

恋愛・結婚

人間関係, コツ, コミュニケーション 恋愛

さあ、プロポーズもされたし、自分の親への挨拶も終わった! 次は彼のご両親への挨拶だけど、どうしたら気に入ってもらえるんだろう……そんな不安は誰しも感じるもの。

たとえ1〜2回会ったことがあっても、結婚の挨拶となると話は別ですよね。

何事においても第一印象はとても重要です。ましてや今後、末長く続く結婚生活です。第一印象次第で、結婚後に義理両親とうまく付き合えるかどうかが左右されてしまうのです。

そこで今回は、海外情報サイト『You Queen』を参考に、彼の親に悪印象を与えるNG言動4つを紹介します。

 

■NG1:お言葉に甘えすぎ! 手ぶらで行く

良くあるのが、「うちの親はそんなの気にしないし、すでに一度会ってるから手土産なんていらないよ」という彼の言葉を鵜呑みにする場合です。たとえ彼がそう言っても正式な挨拶のときは、お花や手土産を持参しましょう。

決して高価なものである必要はありませんが、事前に彼に両親の好みを聞いておくと義理両親も喜ぶはず。

良くも悪くも、日本は本音と建前の社会です。

むしろモノというよりも、彼らの好きなものをリサーチしました、という気持ちがあなたの第一印象を上げてくれると思って下さい。

 

■NG2:失敗するよりは……無難にやりすごす

とにかく失態をしない、ボロを出さないようにと無難に受け答えをして終わらせようとしていませんか。それだと印象は悪くはならないかもしれませんが、良くもなりません。

もっと、積極的に自分をアピールしましょう。

自分の趣味のこと、仕事のことなど、話していく過程で義理両親との共通点がみつかり、そこから話が盛り上がることもあります。

マイナスになりそうな苦手なこと、例えばお料理が苦手でも「お義母さんに教えてもらいたいです」といえば、頼られたお姑さんは嫌な気持ちはしないものですよ。

 

■NG3:彼のどこを好きになったのかに言及しない

両親の前で息子である彼のことを褒めたり、自分たちのプライベートなことを話すのは恥ずかしいかもしれません。

しかし、息子のどこがよくて、息子の何を知って結婚しようと思ったのかを具体的に伝えることは、義理両親のあなたへの信頼度を増してくれます。

この娘なら息子をちゃんと理解して愛してくれているから大丈夫、という安心感を与えられれば、あなたの第一印象は間違いなく良くなりますよ。

 

■NG4:質問に積極的に答えない

義理の両親になる舅、姑さんから、あなたについての質問が出たときには積極的に答えてください。あなたに対して興味を持ってくれた、という証でもあるのです。

ときに、もしかしたらプライベートな質問が飛んでくるかもしれません。積極的にポジティブな態度で答えるようにしてください。そうした質問は、あなたに対して興味を持ってくれていると前向きに解釈しましょう。

結婚すると、親戚付き合いをすることになる相手の家族です。とにかく第一印象さえ良ければ、あとは多少の粗相があってもなんとかやり過ごせるはずです。

 

以上、彼の親に悪印象を与えるNG言動4つでしたが、いかがでしょうか?

なんだかんだ言っても、結婚は家同士の結びつきです。お互いの相手のことだけを気にするだけでは、ダメなのです。

末長くお付き合いすることになる彼のご両親とは、仲良くできるに越したことはないのです。彼との仲が問題、というより彼の両親との仲が問題、というパターンも結構多いですよね。

そのためにも第一印象は、なんとしてでも良くしておきたいですよね。

変に緊張する必要もありませんが、このポイントだけはしっかり押さえて、ご両親へのご挨拶という第一関門を無事突破してくださいね。

 

【関連記事】

※ 見落としがち!結婚式に参列するときの「パンプスマナー」を再確認

※ お宅は大丈夫…?共働き夫婦の結婚が「実は危機を迎えている」サイン4つ

※ これなら嫌がられない!カレに「結婚したい」気持ちを上手く伝える方法

※ いい人止まり…こそ結婚向き!? 自分好みの彼とつきあう「育てる恋」のルール

※ エッ…子どもは要らない!? 「結婚前にお互い知っておくべき」リスト3つ

 

【参考】

※ 13 Ways To Get His Parents To Like You – YouQueen

ピックアップ記事一覧