長続きカップルはやっている!「愛が深まる平日夜」の過ごし方

by

恋愛・結婚

共働き, 円満, 行動

忙しい平日の夜は、今日やるべきことの後始末と明日の準備とで手がいっぱい!という女性も多いはず。

そんな苛立ちを、つい夫にぶつけてしまうことはありませんか? 愛情表現をする心の余裕を持てないこともあるかもしれません。

このままでは夫婦関係が悪化しちゃうかも! そんな不安にかられている人のために、すぐにできる愛情回復法をご紹介します。

思い立ったが吉日、平日夜でも簡単にできちゃうものなので、ぜひ試してみてくださいね。

 

■1:簡単サクッとマッサージでスキンシップ

一緒にいるうちに“家族”という感覚が強くなり、恋人時代のようなスキンシップが減っている……という夫婦は多いのでは?

仕事、家事、育児など日々に追われる女性からは、「いちゃいちゃしているどころではない!」なんて声も聞こえてきそう。

しかし、肌と肌の触れ合いは、言葉を重ねても表すことのできない感情を伝えあうことができる、大切な行為です。

普段ガミガミ怒ってばかりという女性も、夫とマッサージをし合ってみるのはいかがでしょうか?

至近距離になることで心の距離もぐっと近づき、お互いにリラックスした時間を過ごせることでしょう。

 

■2:ほっこり! 大人のティータイムを楽しむ

夫の帰りが遅く、一緒に食事がとれない日が続くと、会話がなくなってしまいます。

そんなときは、お茶を一緒に飲んでみては? 恋人時代は、カフェで会話をするだけで楽しかったこともあるのではないでしょうか。

そのころを思い出しつつ、「今日はどうだった?」と相手の一日の出来事について聞いてみると、新鮮な気持ちを取り戻せるかもしれません。

お子さんのいる家庭は、子どもの様子を伝えてあげるのも、いいコミュニケーションになるはず。

この平日夜のティータイムが習慣化すれば、夫婦としての意識も変わり、ふたりの時間がきっと楽しみになってくるはずです。

 

■3:たまには! 夕飯の片付けは一緒にやってみる

平日の夜は夫の帰りも遅く、家事育児の大半は妻が行うという家庭は多いでしょう。

退屈なこの“作業”も、一緒に行えば楽しい時間に変わるかもしれません。一緒に夕飯の後片付けを行ってみてはどうでしょうか。

どちらかが洗い、すすぎ、どちらかが食器を拭く……などの役割分担をして2人でやれば、あっと言う間に家事は片付きます。

その間に夫婦で会話を楽しんだり、台所の使い勝手について話し合ったり、家事を“ふたりごと”として感じる、よい機会になると思います。

 

■4:「今日はお疲れ様」「おやすみなさい」を必ず口にする

子どもと一緒に夜早い時間に眠りにつき、そのまま朝を迎えることも多いママたち。

子どもが小さいうちは、夫婦の時間を意図的に作らなくてはなかなかコミュニケーションさえも取れない状況になってしまいがちです。

深夜帰宅が続き、なかなか会話ができないときは、「おやすみなさい」や「お疲れ様」の一言を心掛けることが大切!

つい眠くて不機嫌な言葉を吐いてしまうことや、嫌な表情をしてしまうこともありますが、それではどんどん夫婦の溝が深まるだけです。

たった一言、優しく微笑んで伝えるくらいのサービス精神は夫婦円満にはやっぱり必要。

その言葉で十分夫婦としての心の通い合いができるので、日々忘れず実践するようにしましょう!

 

以上、すぐにできる“夫婦の愛情回復法”でしたが、いかがでしょうか?

忙しい共働き夫婦にとって、毎日の日々はまるで戦いのように感じる瞬間があるかもしれません。

慌ただしく過ぎる中で、ついつい夫婦として愛情の水やりも怠ってしまいがちになってしまいます。

今さらなんだか照れくさいという人も、心の鎧を今夜は取って、2人の愛がぐんと深まる時間を、ぜひ過ごしてみてください。

 

【関連記事】

お宅は大丈夫…?共働き夫婦の結婚が「実は危機を迎えている」サイン4つ

まさかウチの夫も?妻より…「自分を愛してしまう人」10の特徴

働く女性必見!起業家&モデルの黒田さんがオススメする「ストレスフリーな家事術」とは【PR】

お酒のプロ直伝!二日酔い知らずの出来る女子の秘密とは?【PR】

※ 海外カップルはどうしてるの?「セックスレスにならない」秘訣3つ

ピックアップ記事一覧