昔は好きだったけど今は…「男の気持ちが冷める」彼女の言動4つ

by

恋愛・結婚

コミュニケーション 恋愛, 人間関係

誰かに恋をしたとき、まるで何かに取り憑かれたかのように、周りが見えなくなってしまうこともありますよね。

相手を好きな気持ちがあまりに強いばかりに、嫌な部分が見えにくい状態にもなります。

しかし、付き合いが始まってからは、ずっと盲目的ではいられません。

あらわになった彼女の本性に、「前はあんなに好きだったのに……」とウンザリしてしまう男性も多いのです。

海外サイト『EL CREMA』を参考に、“男の気持ちが冷める彼女の言動”4つを、ご紹介します。

 

■1:“いつも一緒に”はNG……彼に依存的になる

彼と一緒にいるのが楽しいと、ひとりで過ごす時間が寂しく感じられますよね。

だからと言って、四六時中メールを送ったり、何度も電話をしたり、彼の家に頻繁に遊びに行くようなことをしてダメ。

いくら彼女のことが大好きでも、一人の時間は大切。毎日のように彼女に振り回されてしまっては、だんだんと鬱陶しいと思われてしまうかも。

たとえ寂しかったとしても、お互いが自由になれる時間が必要です。

 

■2:プライドを傷つける……他の男性と比較する

喧嘩をしたときや、彼に何か不満を抱えているとき、他の男性と彼を比較するような言葉を吐き捨ててしまうことがあるのではないでしょうか?

たとえ感情に任せて言ってしまったことであっても、男性は想像以上に深く根に持ってしまう可能性があります。

他の男性と比較されることを男性はひどく嫌うもの。「前の彼はこうしてくれたのに……」や、「●●ちゃんの彼はすごく優しい」など、“他の男性より劣っている”というような意味を込めた発言はなるべく避けるようにしましょう。

 

■3:癒やされない……がみがみと小言を言う

「なんですぐ返事くれないの!?」や、「どうしていつも電気つけっぱなしなの!?」など、彼に対してがみがみと文句を言っていないでしょうか?

仕事でストレスが溜まっているときなどは、細かいところが気になるかもしれませんが、いつも口うるさいと、彼は他の場所に癒しを求めてしまうかも。

至らないところがあるのはお互い一緒。彼に完璧を求めずにいることも、良好な関係を築く上で大切です。

 

■4:あなたのための行動を“当たり前”だと感じている……彼に感謝の気持ちを伝えない

彼があなたのためにしてくれることに対して、感謝の気持ちを伝えていますか?

関係が長くなってくると、彼の些細な優しさや気遣いが当たり前のものとなり、だんだんと文句や不満ばかりが募るなんて状況に陥ることもあるでしょう。

しかし、“恋人に認められている”実感を持つというのは、関係を維持する上で大事なこと。たとえば、“ドアを開けてくれる”や、“鞄を持ってくれる”など些細なことでも、「いつもありがとう」と感謝の気持ちを示すようにしましょう。

その一言があるだけで、彼のあなたへの気持ちが変わってくるはずです。

 

以上、“男の気持ちが冷める彼女の言動”4つでしたが、いかがでしょうか?

どんなに好きだった相手であったとしても、彼女のそっけない対応やしつこい言動がひとつ、またひとつと増えていく毎に、男性の気持ちはだんだんと冷めてしまうもの。

今日ご紹介した4つのことは男性がとくに嫌う彼女の言動ですので、日頃から気をつけて、いい関係を持続させたいものですね。

 

【関係記事】

※ 職場の男子を悩殺!? 「女度がぐ〜んとアップする」ノウハウ4つ

※ 今夜も…!お互い多忙でも「愛おしさが増す」共働きカップルの習慣

※ 見落としがち!結婚式に参列するときの「パンプスマナー」を再確認

働く女性必見!起業家&モデルの黒田さんがオススメする「ストレスフリーな家事術」とは【PR】

お酒のプロ直伝!二日酔い知らずの出来る女子の秘密とは?【PR】

 

【参考】

※ 7 things that can make a man tired of a woman – EL CREMA

 

【画像】

※ tomwang / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧