腹筋女子はモテor非モテ!? 男性が選ぶ「好きな女性の筋肉」トップ5

by

美容・健康

エクササイズ, モチベーション, ランキング

日ごろからトレーニングに励む女性タレントの方が、SNSに自分のカラダを写した画像をアップして話題になることがありますよね。

引き締まった肉体、とくに6つに割れた腹筋は美しく、目を引きます。

美を追求する姿勢とそれを実践する行動力に憧れはあると思いますが、実際のところ、男性からの評価はいかがなものなのでしょう。

今回、『BizLady』が男性500名に対して「好きな女性の筋肉パーツは?」というアンケートを実施。ランキングをご紹介するとともに、看護師の大木アンヌさんにうかがったトレーニング方法をお伝えします。

 

■5位:肩がモリモリでたくましい「三頭筋」・・・8.0%

肩から肘にかけての筋肉が、上腕三頭筋。ちょうど二の腕のあたりです。男性は、女性の柔らかい二の腕が好きというイメージがありますが、意外とそういう人ばかりでもないようです。

大木さんによると、「トレーニング法としては腕立て伏せが相応しいですが、女性のなかにはできない方もいると思います。その場合は、イスに浅く腰掛けて後ろに手をつき、腕を使ってカラダを上下させるような運動も効果があります」とのことでした。

 

■4位:ふくらはぎがしなやかにキュッと引き締まる「腓腹筋(ひふくきん)」・・・13.2%

スカートの下から覗くふくらはぎ。歩いているときや、背伸びをしたときなど、一筋の筋肉のラインが入るような、キュッと引き締まったふくらはぎを好む男性が多いようです。

おすすめのトレーニング法は、「ふくらはぎの筋肉は主に、浅い層にある腓腹筋と、深い層にあるひらめ筋です。鍛えるには、ランニングなどが有効ですが、面倒であればつま先立ちも効果ありです。むくみに気をつけるのも重要です」

 

■3位:お尻がクイッと上向きになる「大殿筋(だいでんきん)」・・・13.6%

パンツなどピタッとしたものを履くと、お尻の形が出ます。自分では気づきにくい部分ではありますが、男性はよく見ているようですね。

胸よりもお尻のほうが大事だと言う意見も多く、引き締まった上向きのお尻は魅力的です。そんなお尻をつくるには、どうすればよいのでしょうか。

「大殿筋というのは、お尻の外側を覆っている筋肉です。スクワットでのトレーニングが効果的。また、床に両手をついて四つん這いのような姿勢になり、太ももを使って後ろを蹴り上げるような運動も効果ありです」

 

■2位:バストアップにつながる「大胸筋」・・・15.0%

胸の膨らみは女性の象徴です。美しいプロポーションを作り上げるためにも、ペッタンコというわけにはいかないでしょう。実際に膨らみがなかったとしても、大胸筋のトレーニングによりある程度はカバーできます。

「バストアップには、水泳が非常に有効です。とくに平泳ぎは、胸の部分に大きな負荷がかかるので、大胸筋のトレーニングに相応しい泳ぎ方です。プールに行く時間がなければ、胸の前で手を合わせて合掌の姿勢をとり、肘を挙げて互いの手を押し付け合うのも良いトレーニングになります」

 

■1位:筋肉はいらない・・・21.2%

女性に筋肉は必要ないというのが1位。筋肉があって引き締まった肉体は、見た目の美しさはあるものの、男性の心はあまりそそらないようです。

男性はやはり、カラダに触ったときの女性らしい柔らかな感触を重視しているのでしょう。

 

以上、男性が選ぶ“女性の好きな筋肉のパーツ”でしたが、いかがでしょうか?

ちなみに、「腹筋」を選んだ男性の割合は、6.6%。「そのほかの部位」を選んだ人を除くと第6位になります。見事なシックスパックも、男性からの評価は得られにくいようです。

男性受けを狙うなら、鍛えるのはほどほどにしておいたほうがいいかも。とはいえ、怠けすぎにも注意したいですね……。

 

【関連記事】

フランス人はジムに行かない!? 「努力せず体型キープ」するテク3つ

休日だけじゃモッタイナイ!「ダイエットにもなる」意外なお楽しみ4つ

月曜はスッキリ出社!秋太りも解消「週末だけダイエット」3つ

※ 残暑疲れもスッキリ!「サクッとエクサ」仕事の前後にできる4つ

※ 休日だけじゃモッタイナイ!「ダイエットにもなる」意外なお楽しみ4つ

 

【取材協力】

※ 大木アンヌ・・・ルーマニア人ハーフの看護師。家庭や恋人同士で使える簡単な医療の知識を少しでも伝えていくため、ライターとしても活動中。

ピックアップ記事一覧