断りづらい…!働き女子の「外食でおデブ化」を防ぐ裏ワザ5つ

by

美容・健康

休日, グルメ, ダイエット

フルタイムで働いていると、どうしても多くなってしまうのが“外食”。ダイエットしていても、ランチに誘われたり、終業後の飲み会や友達との女子会が企画されたりして、「いえ、私はちょっと……」とはなかなか言いにくい雰囲気もありますよね。

そうなると、気になってくるのが体重増加。レストランで食べる食事は美味しいですが、砂糖や脂肪分がたっぷり入っていたりすることもあるので、外食が多くなるとすぐ体重に反映されてしまいますよね。

そこで今回は、海外の健康・医療系情報サイト『Prevention』の記事などを参考に、“太りにくい外食方法”をご紹介しましょう!

 

■1:オーダー前に水を1~2杯飲む

朝食もロクに食べる時間がなく出社してしまったときなどは、ランチに行くと「あ~早く食べたい!」と、半分飢餓状態のことも多いもの。そんな時は、カツ丼などついついこってりした高カロリーの料理や、食べきれないほどの量がある料理をオーダーしてしまいがち。

レストランの席に着いたら、オーダーする前にまず水を1~2杯飲んでみましょう。とりあえず飢餓感が癒えて、落ち着いてメニューを見てオーダーすることができます。

 

■2:皆でシェアして楽しむ

会社の帰りに、同僚と「今日はご飯を食べて帰ろうか!」という流れになることもありますよね。

そんなときは1人ずつ別の料理を選ぶより、何品かオーダーしてシェアすると、量が少なくてもバラエティがあって満足。

皆でシェアすると料理数が少なく済むことも多くて、皆で割り勘してもかえって1人当たりの分が安くなる場合もあります。でも、割り勘負けには要注意!

それに、大勢でワイワイ言いながら……という環境なら、ガツガツせずにゆっくり食べることができそうですね。

 

■3:“食べ放題”には行かない

さまざまな食べものやデザートが並ぶビュッフェレストランに行くと、わくわくします。

ひと通り全部試してみたくなり、あれもこれも大皿に持ってしまいますよね。そして、相応の代金を支払っているため、「何回かお代わりしなきゃ!」と食べるのに躍起に。しかも、デザートまでしっかり食べてしまいます!

こんな外食を続けていたら太るばかり。ビュッフェは避けたほうが良さそうですが、もし流れで行くことになったら、まず野菜料理から多く食べてみましょう。

 

■4:まずはサラダを先に食べる

外食の料理はどれも美味しく感じますが、メニューによっては砂糖や油がたくさん使われ、カロリーたっぷりの場合もあります。

そんな太りやすいメニューをたくさん食べることを防ぐには、まず先に、必ずカロリーが低く栄養たっぷりの野菜を食べて、お腹を満たすのがポイント。

サラダを頼んで先に持ってもらうと空腹感が落ち着き、メインの料理をがっつくことを防げます。

 

■5:スープや味噌汁を先に飲む

野菜をたっぷり使ったスープはカロリーが低いうえ、意外とお腹がいっぱいになるもの。この際バターなどがたっぷり入っているクリーム系のものは高カロリーなので、やめておきましょう!

食事前にスープを飲むことでかなりお腹が膨れて、満足感もあります。米国で行われた研究によると、スープを飲むことで、その後の摂取カロリーがなんと2割も減少するそうです。

和食の時は、まず具がたっぷり入ったお味噌汁を飲むといいですね。

 

以上、外食で太らない秘訣でしたが、いかがでしょうか?

自炊すれば一番経済的かつダイエットにもいいのですが、あまり我慢しすぎるとかえってリバウンドで太ってしまう可能性も。

これからの季節はイベントやパーティーも多くなってくるので、上記の方法などで適度に調節して、ダイエットとのバランスを上手く取りましょう!

 

【関連記事】

休日だけじゃモッタイナイ!「ダイエットにもなる」意外なお楽しみ4つ

月曜はスッキリ出社!秋太りも解消「週末だけダイエット」3つ

え…知らなかった!働き女子が「食べてはいけない朝ごはん」3つ

コレなら痩せる!働く美女子の「ランチの心得」ダイエットに不可欠3つ

抜くなんてもったいなさすぎ!「朝ごはんのすんごいメリット」3つ

 

【参考】

7 Ways Nutritionists Eat Out Without Gaining Weight – Prevention

ピックアップ記事一覧