こんなわたしも8等身!? 小顔に見える「即効スタイルアップ術」3つ

by

美容・健康

トレンド, ファッション, 美容

ふと鏡を見たとき、「今日はなんだか顔が大きい!」と思う日がありませんか?

体重が増加したわけでも、むくんでいるわけでもないのになぜだろう……と頭を抱えてしまいますよね。

顔を大きく見せてしまう主な要因は、着ている洋服にあるようです。

視覚というのは騙されやすく、実際の姿を捉えるのはなかなか難しいもの。

洋服の形やカラーによって、顔を大きく見せるのはとても簡単なのです。しかし逆に言えば、視覚効果を使えば顔を小さく見せることも容易です。

そこで今回は、ファッションライターでありスタイリストとしても活動する筆者が、小顔効果を狙える服で“スタイルアップ術”3つご紹介します。

 

■1:デコルテを見せて! 顔を小さく見せるトップス

小顔効果を狙うなら、トップスは首元からデコルテが出るアイテムを選ぶようにしてください。このあたりをスッキリと見せることで、顔を小さく見せられるためです。

とくに、顎先からデコルテの縦のラインを強調する、Vネックのトップスなら効果絶大!

オフィス服として定番のYシャツも、上ボタンを2つほど開ければVラインができるので小顔効果ありです。

襟が大きめのものを選ぶと大小の錯覚で顔をさらに小さく見せてくれますよ。

パーカーなどジッパーのついた洋服を着るときも、いつでもVラインを意識してください。

これからの季節活躍してくれるタートルネックは、首からデコルテを全て覆ってしまい、顔を大きく見せてしまうので避けたほうがいいでしょう。

 

■2:膨張色を着ると小顔に!

上半身や首周りにボリュームをつけることで、顔を小さく見せることができます。

トップスは白やベージュ、淡いパステル系の膨張色を選べば、視線を顔ではなく体に誘い、さらに体との差で小顔効果が生まれるのです。

膨張色でVネックのアイテムを選べば、■1とダブル効果も期待できますよ。縦に長い存在のあるネックレスなどをつけて、縦のラインを意識すれば体も比較的スッキリ見せられます。

マフラーやスカーフなど、顔周りにつけるアイテムも、膨張色がオススメ。ふんわりとボリュームを出せば出すほど顔が小さくなるので、秋冬に最適な小顔アイテムです。

 

■3:下半身に視線を誘い、スタイルアップ!

小顔と全体のスタイルアップ、両方の効果が狙うには、下半身に視線を集中させてバランスをとる方法が有効です。

目立つカラーや柄物のボトムス、ボリュームのあるスカートなどを取り入れてみましょう。

ボトムスはハイウエストで、ベルトでウエスト部分を強調することで脚長効果も得られます。

■1と■2のトップスと合わせれば、モデルのような8頭身も夢じゃないかも!

 

以上、“スタイルアップ術”3つでしたが、いかがでしょうか。

小顔や着痩せや脚長などは、ポイントさえ知っておけば簡単に実践することができます。

ストレスを溜めながらダイエットに励むよりも、視覚効果をうまく利用してスタイルアップする方が手っ取り早く健康的。

手持ちのアイテムで明日から早速、小顔女子になりきってくださいね!

 

【関連記事】

※ 定番の白シャツ…寂し過ぎ?「小物投入」でオシャレに見せるワザ3つ

※ 通勤着の白シャツが一気にオシャレ!簡単すぎる「抜け感演出」プロのテク

※ 上品と下品の差はどこにある?「大人女子のエロス」の上手な加減法

※ 溜めたままじゃおブスまっしぐら!超簡単「イライラ吐き出し術」3選

※ 辛いときも乗り切れる!お疲れ女子の「ごまかしファッション」テク5つ

 

【画像】

※ ZoomTeam / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧