真面目な女子ほど陥りがち!キャリアを損ねる「ネガティブ思考」3つ

by

仕事

出世, 職場, ビジネス

皆さんは仕事においてどんな不安や悩みを持っていますか。

最近、多様なジャンルの企業で女性社員の雇用が増えており、働き女子の活躍する場が増えつつあります。その事実は大変喜ばしいことではありますが、それに伴い仕事や職場に悩みを抱える働き女子の割合も増えているそうです。

年間に200社以上の経営者の“かかりつけ医”として経営者開発を行い、年間50社以上の企業で女性の活躍推進の講義・ワークショップなどを実施している岡島悦子氏は、“真面目”な女性ほど悩みを抱えストレスを溜め込んでしまうものだと言います。

もちろん堅実、実直に仕事をこなすことは大切ですが、いき過ぎた真面目さや必要以上の優しさはビジネスの場では裏目にでることもあるようです。

一方、筆者の住むフランスでは女性の就業率が85%と、多くの働き女子がいますが、モチベーションを高く持ち続けている人が多いです。

そこで今回は、筆者の知るパリジェンヌの働き方を伝授しつつ、岡本氏がエン・ジャパンで行った『女性の活躍推進』の講義も踏まえて、真面目な働き女子が持っている“逆効果な言動”3つご紹介します。

 

■1:いつまでも大丈夫!と体力を過信する

フランスは日本と比べて肉体的に無理をする人が少ないです。例えば、筆者の知る働きパリジェンヌは、上司から力仕事を任されたとしても、早々に男性社員に助けを求めます。“腰を痛めたら何もできない”や“私はもう若くない”と悟っていて、自分のことをちゃんと分かっていると筆者も感心するほど。

岡本氏も、体力に自信があり少し無理をしても「大丈夫!」が口癖だった人も、それが通用するのは20代までだと語っています。

<30代でだんだんつらくなる。そして40代になると耐えられないかもしれません。ずっと体力だけで量で稼ごうというのは難しくなっていきます。>

年齢を重ねるにつれて疲れやすくなったり、今までは問題なくできていたことができなくなったりするターニングポイントは誰にでもやってきます。

ときには、開き直って「無理!」と認めることも大事。身体に無理せずできる範囲で、“今の自分に何ができるか”を考えるほうが、長い目で見て今後のキャリアのためにもプラスになります。

 

■2:謙虚すぎて損をする

新入社員で入った頃は、謙虚な態度で仕事に臨むべきですが、数年経ち仕事にも慣れたのにも関わらずそのままでいるのは損です。

<管理職にならない?と言われても「まだまだ無理です。」と言う。女性は3回くらい「お願い」というと「Yes」と言うらしいですね。でも、2回くらいで上司も言わなくなる。 >

フランスでは“三度目の正直”は存在しないこともあり、ほとんどの人が1回目でYesかNoをはっきり伝えます。自分の限界を決めるのは自分ではなく上司もしくは周囲の人だという考え方もできますよね。

チャレンジはいつだって自分を成長させてくれるもの。昇給に限らずとも、常にアクセルを全開にして色んな案件・プロジェクトに挑戦するべきです。たった一度の決断や挑戦が、人生の大きな分かれ道にもなり得るのですから。

 

■3:キャリアについて悩みすぎる

岡本氏によると、とくに入社10年目くらいの中堅層の方に多い特徴だそうです。毎日、真面目に働いていると、突然「自分の強みは何なのか」「キャリアはこのままでいいのか」という悩みが出てくるのです。

<考えても答えの出ないことを悩みすぎるとキャリア迷子になります。「いまは独身で、死ぬほど働いているけど、この働き方はずっとできるものではない」という感じで悩み始める。>

その思考は行き過ぎると、不安ばかりが増殖してネガティブ思考になり、仕事だけでなくあなた自身にも悪影響です。誰だって一度は突き当たる壁だと思って、深く考えすぎないようにしましょう。

フランス人女性は悩んだときこそ友達と会ったり、ショッピングをしたりと、自ずと自分自身が幸せになるプライベートの時間を作っています。一人で不安に怯えるよりも、それらを発散して今後の活力にするほうが仕事の生産性も上がりずっと効率的です。

 

以上、真面目に働く女性が陥りやすい“ネガティブ思考”3つをご紹介しましたが、いかがでしたか?

真面目に働くことは良いことですが、それ故自分を追い込み辛い環境を作ってしまっているかもしれません。女性がより社会で活躍していくためには、真面目なだけではなくフランス人のようにほどよく楽観に、柔軟に時代に適応することが大切。

適度に自分を甘やかしながら、チャレンジ精神を持ち続けることこそ、キャリアアップの秘訣です!

 

【関連記事】

※ 女子こそ積極的に行きたい!意外と知らない「人脈の作り方」3つ

※ 「褒められて伸びる」のは当たり前!? 先輩vsゆとり…意外な本音

※ 超シンプル!心理学者が提唱「自信をつけて輝く女性」になる方法

※ 勉強の秋だから…今度こそ!「キャリアアップのための資格」の選び方

※ まだ目指せる!「遅咲きでもキャリアを叶えられる人」がしていること3つ

 

【参考】

※ まじめに働く女性がかかりやすい「10大疾病」とは? 上司や男性が知っておきたい「女性の活躍」に必要なもの ― Huff Post

ピックアップ記事一覧