5位「頑張りすぎないで!」…男性にグッと響く手紙のメッセージBEST5

by

恋愛・結婚

円満, 恋愛, 文章

電子機器の発達したこのご時世、なかなか手紙を書く機会はありません。

新年の挨拶ですら、メールで済ませてしまうという人もいるほど。

でも、そんな時代だからこそ、手で書いた文字は相手の心に届きます。

口では伝えにくい言葉、感謝の思いをしたためれば、メールで伝えるよりも何倍もの大きな効果が得られます。ここぞというときに、短い文章と的確な言葉で送るのがベスト。

では、恋人に対して、いったいどのような言葉が送ると心に響くのでしょうか。

今回、『BizLady』が男性500名に対して「恋人に手紙をもらったとして、そのなかに書かれている言葉で嬉しいのは?」というアンケートを実施。結果をランキング形式でご紹介します。

 

■5位:「頑張りすぎないで」・・・43人

一般的に男性は、上昇志向の強い生きものです。努力して上を目指し、成功を得ることで喜びを感じます。しかし、それはキリがないことも承知しています。

頑張った先になにがあるのか。考えると虚しくなるので、考えないようにして努力し続ける。本当は誰かに声をかけて欲しいのです。それがこの言葉。いつもそばで見ているあなただからこそ、送ることに価値のある言葉です。

 

■4位:「ずっと一緒にいようね」・・・49人

付き合っていれば、将来のことは当然のように考えます。彼はこの先のことを、漠然と頭に思い描いているでしょう。ずっと一緒にいるかもしれないし、別れがくるかもしれないと。

人の気持ちはどう変わるかわかりません。いまは一緒にいたくても、明日はまた別の感情が芽生えているかもしれない。そんなかすかな不安を拭い去ってくれるのが、この言葉です。この言葉が手紙に添えてあったら、とても心が和むはずです。

 

■2位(同率):「いつも支えてくれてありがとう」・・・60人

普段から感謝はしているし、お礼も言っているけれど、手紙で文字にして伝えると重みが違います。たまにケンカしたり、意見が食い違うこともあるけれど、それでもそばに居てくれて、支えてくれることに対しての感謝の言葉です。

あらためて伝えられると、感激もひとしお。2人の間にわだかまりなど残っていたのなら、すべて帳消しになります。ちょっとした記念日などに送ると、効果を発揮する言葉かもしれません。

 

■2位:「これからも2人で頑張っていこう」・・・60人

付きあっていれば、常に順風満帆とはいきません。苦しい状況は、否応なく訪れます。でも、2人だからこそ乗り越えられる困難もあります。乗り越えることで絆は深まり、どんな困難をも恐れることはなくなります。

2人で時間をかけ、積み上げてきたものはとても大きい。それを無駄にすることなく、これからも力を合わせていこうという力強い言葉がこれです。ぼんやりとしていた未来を明確化させます。

 

■1位:「大好きです」・・・63人

短く簡単な言葉であって、口にも出しやすいはずなのに、なかなか上手に伝えられない。たとえ口に出せたとしても、なんだか軽い感じがしてしまうのがこの言葉でしょう。

何度も使えば安っぽくなってしまい、言えば言うほどジレンマを抱えることになります。これこそ、手紙で文字にして伝えるべき感情。文末に書き込めばビシッと締まり、相手の心に突き刺さるのではないでしょうか。

 

以上、アンケートをもとに、文字で伝えたほうが男性がグッとくる言葉をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

どの言葉も、選ぶ人数にさほど差はありませんでした。これは、手紙をもらうこと自体がすでに嬉しいものだからでしょう。ぜひ、ここぞというときに、的確な言葉を選んで伝えてみてください。いくつかチョイスして、組み合わせて使ってもいいかもしれません。

 

【関連記事】

今日からできる!「冷えきった夫婦仲が蘇る」お手軽改善テク4つ

年賀状も…まだ間に合う!局アナ先輩の助言「手書きメッセージ」の効能

幸福度アップ!共働きでも超簡単にできる「夫へのおもてなし」4選

モテる女子はお礼上手!社内でカワイイと思われる「お礼の作法」3つ

オトナの嗜み!老舗・鳩居堂に学ぶ「9月の手紙に選びたい」季節の柄3つ

ピックアップ記事一覧