残業後でも楽らく!「100均グッズ&レンジ」で簡単パスタ&スイーツ

by

暮らし

残業, 料理, カンタン

慌ただしく仕事をこなして、ぐったりと家に帰宅。それでも、夕ご飯を作らないといけない……という女性にとって、毎日の料理は、悩みのタネですよね。

冷凍ものやお惣菜に頼ることも、毎日はできません。

そんなときは、100円ショップで買えるグッズを使って、パパっとメイン+デザートを作ってしまいましょう。

今回は、“残業後の贅沢オムレツパスタとスイーツ”をご紹介します。

 

■電子レンジで! 簡単パスタ

まずは、パスタをゆでます。お湯が沸くのを待ってパスタを入れ、吹きこぼれないように気をつけながら……って、疲れた体には、ちょっとしんどいですよね。

そこで、“電子レンジで簡単パスタ”というグッズを使います。乾燥パスタが入る大きさのこの容器。ふたには丸が付いていて、パスタ1人前の量が計れる優れものです

量を決めたら、容器にパスタと水、塩を適量入れます。ゆで時間はお鍋でゆでる時間より、プラス4~5分。お水は、お鍋でゆでるより断然少ない量でOKです。ケースも小さめなので、洗うのも楽チンですよ。

 

■オムレツの中に入れる野菜は“シリコンスチーマー”で調理

パスタをゆでている間に、オムレツの下準備を。オムレツの中に入れる野菜は、“シリコンスチーマー”で調理しましょう。

中に入れたい野菜を切ってスチーマーに入れ、少量の水(大さじ2杯程度)も忘れずに。塩とコショウをふっておくと、味もつきますよ。

電子レンジで3分ほど温めるだけで、簡単にできます。

 

■仕上げのオムレツも“オムレツパン”で

最後はアツアツのオムレツを。使うのはフライパンではなくて、“オムレツパン”。見た目がバナナのような、電子レンジでも使えるグッズです。

卵を1個割って、牛乳(または水やダシ)、塩コショウを加えます。こちらをオムレツパンに入れるのですが、本体とふた側だと、ふた側は熱が伝わりやすいので、本体に少し多めに加えましょう。お好みでチーズやケチャップを入れ込んでも美味しいですよ。

30秒ほど加熱すると、少し熱が通るので、菜ばしやフォークでよく混ぜます。そのまま20秒ほど加熱し、次はふたを閉め、本体にふたの卵を移し、はしやフォークで均一になるように整え、最後は10~20秒、様子を見ながら温め、できあがり。

お皿にパスタをのせ、バターやオリーブオイルをたらし、温野菜を盛り付けます。その上にオムレツをのせ、ケチャップとパルメザンチーズで味を調えればOKです。

 

■食べている間に! “シリコンスチーマー”でプリン作り

温野菜を作るのに使ったシリコンスチーマーで、スイーツもつくれます。自分で作ったスイーツだと、ヘルシーなので食べても罪悪感が薄れますよね。

<材料>
卵 1個 牛乳 100cc 砂糖 大さじ1杯半 バニラエッセンス 少々

<作り方>

1・卵をボウルに割り入れ、泡だて器でよく混ぜる
2・砂糖を入れ、なじむようにさらによく混ぜる
3・牛乳を入れ、むらがないように混ぜたら、スチーマーに入れる
4・ふたをして、電子レンジ600Wで2分温める

冷たくするときは、粗熱をとって冷蔵庫に入れるのですが、今の季節ならそのままアツアツでいただくのがおすすめ。

牛乳を豆乳に代えてみたり、砂糖の量を調整したり。はちみつやオリゴ糖に変えたり、ジャムやカラメルソースでアレンジしてみると、定番デザートにしても飽きずに食べられます。

 

以上、100円ショップのグッズだけでできる“残業オムレツパスタとスイーツ”でしたが、いかがでしょうか?

電子レンジとグッズだけでできると、洗い物も少なくてすむので、片付けるのも楽チンですよね。残業で遅くなった日は、ちょっぴり手抜きできるこのレシピで晩御飯を作ってみませんか?

 

【関連記事】

ご褒美にも!セブンvsローソン「店頭お取り寄せ」最新サービス比較

寝坊した朝にも!米セレブ発「レンジで作るカンタン朝食レシピ」3つ 

コレなら後悔しない!貴重な「休日時間」を充実させるコツ3つ

大掃除をラクに!「秋のうちにすべきこと」を掃除のプロに聞いた

ヤバ…寝坊した!弁当箱のスペースを埋める「レスキュー食材」8つ

 

【画像】

PAKUTASO

ピックアップ記事一覧