完璧すぎると誘われない!? お声がかかる「自然な抜け感」の作り方

by

恋愛・結婚

モテ, コミュニケーション 恋愛

年齢を重ね、若い頃と比べて知恵と経験を身につけた分、色んなことがそつなくこなせるようにもなってくる30代。

しかしその反面、他人からどう見られるかが気になったり、変に気をまわし過ぎることで恋愛においては損をすることが多々ある複雑な年齢でもあります。

若い頃は“ちゃんとしてる女の子”と言えば、男子ウケもよく、どちらかと言えば「本命彼女」として大切にされる存在だったはず……。

しかしそれがいつの間にか「完璧すぎる」、「誘いづらい」と男性に引かれる存在になってしまう悲しい現実。

一体何が変わってしまったのか……と言えば、それはきっと“心の余裕”があるかないか。

年齢関係なくモテる人は、一緒にいてもちゃんと“スペース”があって、窮屈さを感じないからこそ、単純に楽しくて、追いかけたくなるもの。

そんな自然な抜け感を感じる女性は、何歳になっても魅力的なはず!

そこで今回は、完璧に見られがちなアラサー女性たちにも気軽にお声がかかる“自然な抜け感の作り方”についてご紹介したいと思います。

 

■1:世話焼き係にならない! 「お好きにどうぞ!」と笑顔でさらり

飲み会の席で料理を取り分ける、お皿を下げてもらう……など気遣い女子はポイントが高いなんていうのはちょっぴり古いかも……。

逆に男性からしたら、ただの女子アピールにしか見えず、無駄な気遣いに感じてしまうこともあります。

周りも変に気を遣われて窮屈に感じてしまうよりも、ここは「どうぞご自由に」とさっぱりした対応で気楽な雰囲気を作ることも大切。

きっちりした振る舞いよりも、隙があって親しみを感じる振る舞いの方がずっと人との距離を縮められるはず。

 

■2:聞き上手は話し上手! 会話を盛り上げる質問力とひとひねり入れた返し

周りから誘いやすいと思われるタイプと言えば、主にノリがいい盛り上げタイプと聞き上手な癒しタイプに分けられますよね。

恋愛において前者は少々厳しいところはありますが、後者の聞き上手は基本的にモテるタイプが多いもの。

……といっても、30代からの聞き上手は返し上手でもあります。

ただ「うん、うん」と笑顔でうなずいていた20代とは違い、もっと相手が話したくなるような質問やひとひねり笑える返しができること。

肩肘張らず話ができる人と相手に思われることが、30代からの大人女性の魅力につながっていくものだと思います。

 

■3:格好つけない! 自分のことを隠さずさらりと話せる勇気

自虐的になり過ぎると「痛いおばさん」と言われることを恐れつつ、自分のことを少々盛りつつ落として話すのは、女性にとって必要なコミュニケーションスキルのひとつです。

このバランスが抜群にいい人こそ、年齢問わず周りからの好感度も高く、男女ウケどちらもするタイプ。

しかし男性の前で自分を下げて笑いを取ったところでさすがにいいことはないと学習するからこそ、距離を縮めるための突破口を見出すことがますます難しくなるものです。

ガードがかたいと思われて、お誘いがどんどん遠のいてしまうよりは、やっぱり自然体で勝負をする方がベター。

そこで大切なのは、ギャップを感じさせること。

いつもは自然なノリのよさを見せながらも、二人っきりになった時などはしっとり落ち着いた表情を見せることも大切です。

つかみどころのない神秘的な部分を持つことは、恋愛気質でいるために重要なことかもしれません。

 

以上、気軽にお声がかかる“自然な抜け感の作り方”でしたが、いかがでしょうか?

ファッションもメイクも「抜け感」がキーワードになっているように、女性としても自然な抜けを感じさせる魅力は大きなポイントかもしれません。

とくに一人でちゃんと立てるようになれる30代は、頭もガチガチ、知らずに重い鎧を身につけていることも……。

ちょっとくらい肩の力を抜いて、余裕のある抜け感をぜひ身につけてみてください。

 

【関連記事】

※ 彼のことばかり考えちゃう…!恋する乙女の「クールダウン法」

※ 女から誘ってもイイですか? 高確率で「断られない」3つのテク

※ 女性が想定外に「職場で胸キュン」する瞬間!1位は自分だけへの…

※ 20代とココが違う…「30代から変わる」結婚観のあるある3つ

※ 大切にされる人は何が違う?「素敵な彼を引き寄せる」宝物女子の習慣4つ

ピックアップ記事一覧